インターワイヤードは、同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「温水洗浄便座」に関するアンケート調査を実施致した。最近のトイレでは標準装備となりつつある“温水洗浄便座”。自宅トイレの装着率は約7割ということがわかった。そんな中「温水洗浄機能」の使用状況を尋ねると、女性よりも男性の方が積極的に使用しているという事実が明らかに。

「温水洗浄便座」に関するアンケート調査

■男性の方が温水洗浄機能を使っている!男性使用率85.1%

全体では『おしり洗浄機能』が1位で72.4%。次いで『暖房便座』54.0%、『ビデ機能』32.8%と続く。全体で1位の『おしり洗浄機能』を男女別にみると、男性の方が10pt以上高く、76.7%。

その他、『脱臭機能』『ノズル自動洗浄機能』『リモコン』『温風乾燥機能』で男性の方が5pt以上高い。男性の方が様々なお気に入り機能があるようだ。『おしり洗浄機能』『暖房便座』等、多くの項目で年代の上昇とともに、選択率も上がる傾向がみられる。高年齢層で、お気に入り機能が多岐にわたり、機能へのこだわりも強い。若年層では『とくにない』の選択率が高いため、こだわりが薄い様子が伺える。

「温水洗浄便座」に関するアンケート調査

「温水洗浄便座」に関するアンケート調査

■トイレットペーパーのほうが使いやすい。省エネや水ハネも気になる・・・自宅で使用しない理由

”自宅のトイレに温水洗浄機能はあるが使用していない”という人にその理由を尋ねた。全体で、『トイレットペーパーのほうが使いやすい』27.7%が1位。次いで、『節水・省エネのため』24.0%、『水ハネなどしてトイレが汚れるから』21.8%と続く。男女別にみると、『水ハネなどしてトイレが汚れるから』は、女性でみると1位の選択率。また、『洗浄ノズルの衛生面が心配』も女性の方が15.1pt高い。女性の方が、より衛生面を心配する人が多い。

「温水洗浄便座」に関するアンケート調査
■自宅以外のトイレで利用しない理由は?・・・不衛生、気持ち悪い

全体で、1位は『不特定多数が使用しているから』39.8%。次いで、『不衛生だと思うから』38.6%、利用しない人は『衛生面』を心配する理由が大きいようだ。女性は特に『衛生面』を気にしている様子。『不衛生だと思うから』が30・40代で4割以上と、他の年代に比べて高い選択率となっている。

「温水洗浄便座」に関するアンケート調査

【調査概要】
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査
調査機関:2016年5月24日〜6月7日