弁護依頼したくねぇ!3位北村晴男「なんかうさん臭い弁護士」1位は

写真拡大

ここ数年、「もう打ち切りにしたら?」、「番組名と内容が全然合ってない……」などとネット上でブーイングを巻き起こしているのが、今年で14年目になる長寿番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)だ。

そんな中、もはや“おまけ”呼ばわりの法律コーナーで活躍していた史上最強の弁護士軍団メンバー・大渕愛子弁護士が、東京弁護士会から懲戒処分を受けていたという不祥事が発覚。

テレビに出ているタレント弁護士にジワジワと不信感を募らせている方も多いのでは?

そこで今回は、『VenusTap』が男女500名を対象に「なんか胡散臭い、依頼したくないと感じるタレント弁護士は?」というアンケート調査を実施。気になる調査結果を参考に、エセ弁護士(?)を探っていこう。

■ふなっしーに貢ぎ過ぎ? 大渕愛子が1位

<なんか胡散臭い、依頼したくないタレント弁護士ランキング>

1位・・・大渕愛子(29.6%)

2位・・・湯浅卓(15.6%)

3位・・・北村晴男(13.4%)

4位・・・本村健太郎(10.6%)

5位・・・ケント・ギルバート(9.6%)

断トツでランクインしたのは、先日依頼者から法テラスが定めた着手金と実費などを超える金銭を受領し、東京弁護士会から業務停止1ヶ月の懲戒処分が下された、大渕愛子弁護士。

「ふなっしーに毎月15万つぎ込む余裕があるなら返金したら?」、「ただの銭ゲバ悪徳弁護士じゃん……」、「そもそも弁護士の仕事をしているイメージがわかない。タレント業とふなっしーの追っかけだと思ってた……」などと、批判コメントが殺到した。

さらに、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、元『行列のできる法律相談所』メンバーの住田裕子弁護士が、「法テラスの仕組みを知らなかった」と釈明した大渕愛子の会見をぶった斬る場面も!

住田弁護士は「知らないわけがないですよね。知らないっていうのが、信じられない」と発言。

さらに、大渕氏が依頼人に月2万円の顧問料を請求していた件には、「通常、こういうことをやってらっしゃる方(弁護士)は極めて少ない」と指摘。これにはネット上も、「がめつい」、「ふなっしーに謝れ!」と盛り上がりを見せる結果となった。

■秒速で稼ぐ初老!? 食事代に3億円の巨大スケール……湯浅卓

続いて2位にランクインしたのは、「湯浅です」でお馴染みの、湯浅卓(ゆあさ・たかし)弁護士。独特のキャラクターでバラエティーでも活躍しているが……。

「風貌からなんか……ごめんなさい」、「日本の弁護士資格を持ってないのはナゼ?」、「初老版・与沢翼のようなキナ臭さ」などと、言いたい放題のコメントが相次いだ。

今年2月に出演した『マヨなか芸人』(読売テレビ系)では、「700億円以下のケースはやったことがない」とし、「15分で5000万円稼ぐ」、「ロックフェラーから夕食に招かれて、食べ終わったあとに“食事代は寄付で3億円”と言われ、しょうがないから払った」など、レベルが違う仰天エピソードを明らかにした。

■娘・まりこにだけデレデレで笑顔全開!  愛想ゼロの北村晴男

3位にランクインしたのは、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、笑わない弁護士としてお馴染みの北村晴男弁護士。

「苦手な案件だったら、“はいムリムリー!”と門前払いされそう」、「普段不愛想なくせに、娘に激甘なところを見てから苦手……」、「なんとなく頭でっかちな印象」と、こちらも普段テレビで見せる北村のぶっきらぼうな態度が要因となったようだ。

舞台女優を目指す娘・まりこを溺愛するあまり、買い物では娘の好きなものを次々に購入しているそう。これにはネット上からは「何か盛大に勘違いしている」、「残念過ぎる親子」などと、冷ややかな視線が向けられた。

いかがだっただろうか? 万が一トラブルに巻き込まれても、正直タレント弁護士には頼みたくない……というのが本音なのかもしれない。