「ちょっと手を貸してくれない?」 とんでもない場所から顔を出すアライグマさんが激写されました

写真拡大

下水道の上に置かれた重そうなフタ。格子状になったその間から、ひょこっと顔を出していたのは、なんとアライグマ! 顔を出したはいいが、かわいそうに、抜けなくなってしまったのでしょうか? 切なげな表情を浮かべて、助けを求めているようにも見えます。

このアライグマを発見したのは、米マサチューセッツ州ノーサンプトン警察の職員の方。フタに挟まってしまい、身動きが取れなくなっている瞬間をとらえた写真が、警察署の公式ツイッターに投稿されておりました。

【どうしてこんなことに!?】

アライグマさんはなぜ、 “格子から顔を出した状態で挟まる” なーんて事態に陥ってしまったのでしょう。格子にある1つ1つの穴は顔の大きさよりもはるかに小さく、挟まろうと思っても、そうそう挟まることができないような気がするんだけど……?

【無事に救出されました】

ツイートによれば、この後医療センターのスタッフが駆けつけてくれたのだそうで、アライグマさんは無事に、救出されたんですって。また海外メディア Mashable によると、アライグマさんに怪我はなかったみたい。不幸中の幸いね♪

【なぜこんなにも可愛いのか】

大ピンチだってことはひと目でわかるし、一刻も早く助けてあげたい。だけど顔が挟まっている姿があまりにもカワイイ。とってもかわいそうなんだけど、可愛くて、つい目尻が下がっちゃう写真です。

とにもかくにも、見つけてもらえて本当によかった。もう2度と、そんなところに挟まっちゃダメだよーっ!

参照元:Twitter @NorthamptonPD、Mashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら