NY流フラッパースタイルがレトロで洒落てる

写真拡大

コスプレは日本の専売特許!

と思いきや、ニューヨークのコスプレはもっとシックで、もっと文化的。アニメキャラやスーパーヒーロー&ヒロインになるだけじゃないみたい。

8月第2週目の週末、ニューヨーク・ガバナーズ島で20年代スタイルとジャズを楽しむ「第11回ジャズ・エイジ・ローン・パーティ」が開催されました。

まるで「グレート・ギャツビー」の世界

ガバナーズ島はマンハッタンの南端からフェリーで10分ほど。夏の間だけ足を踏み入れることが出来る小さな島です。

そのスペシャルな場所で毎年繰り広げられているのが、「ジャズ・エイジ・ローン・パーティ」。

20160823_flapper02.jpg20160823_flapper03.jpg20160823_flapper04.jpg20160823_flapper05.jpg

20160823_flapper06.jpg

レースやフリンジのついたミディドレスにロングネックレス、ボブヘア。

青空の下、20年代を代表するフラッパースタイルで集まった参加者は、生バンドの演奏に合わせてダンスに興じ、当時を再現したグルメでピクニックを楽しみます。

20160823_flapper07.jpg20160823_flapper08.jpg20160823_flapper09.jpg20160823_flapper10.jpg

男性もレトロなスタイルを楽しんでいます。こんなファッションの男子、ストリートにいたらお洒落すぎて目が離せません。

カラフルなキャンディカラーに囲まれて、会場は想像以上の一体感。テーマや縛りがあると、かえってお洒落に醍醐味を感じます。

NY流コスプレでタイムスリップ

20160823_flapper11.jpg

100年近く前なのに、いま見てもとても新鮮なフラッパースタイル。当時は禁酒法の時代です。

ファッションにも音楽にも抑圧され爆発したエネルギーが感じられて生々しい。なんでもアリの現代にはない明確な「主張」に強く惹かれてしまいます。

20160823_flapper12.jpg

ポップカルチャーとはひと味違い、ニューヨークのコスプレはセンスよく、なんだか知的。

狂騒の時代に想いを馳せながら、レースにパールで着飾って、奔放な女性を演じたてみたくなります。

撮影/神田朝子