写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・初台の東京オペラシティタワー内、NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)は、テクノロジーを駆使した新しい表現を紹介する作品展「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀」を開催する。会期は2016年10月15日〜11月6日(月曜休館)。開場時間は11:00〜18:00。入場無料。

同展は「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」の企画展示のひとつとして開催されるもの。20周年企画展では「変化」をキーワードに、過去に審査委員を務めた4人の監修者によって選ばれた、歴代の受賞・審査委員会推薦作品の展示や上映等が行われ、変容し続けるメディア芸術の多様な表現が紹介される。

「New Style New Artist - アーティストたちの新たな流儀」では、テクノロジーを駆使しながら新しい方法論を示している4組の作品を展示するとともに、多岐にわたる活動範囲が映像とパネルで紹介される。出展者(予定)は、リオ五輪閉会式のトウキョウショー演出に参加したライゾマティクスほか、WOW、plaplax、takramの4組。

新たな方法論を確立している近年のメディアアーティストたちの活動スタイルは、アート、デザイン、エンターテインメントを自由に横断し、時にはクライアントワークを、時にはアート領域での表現活動をしているという。また、個人ではなく、仲間たちとプロダクションを設立し活動しているのも特徴であり、このような活動の広がりを「表現の流儀」とする新しいアーティストたちの登場は、メディア芸術祭がスタートした1990年代後半から顕著になってきたということだ。

また、歴代の受賞・審査委員会推薦作品の展示や上映等は、メディア芸術祭のメイン会場であるアーツ千代田 3331、サテライト会場であるUDX THEATERや国立新美術館で行われる。アーツ千代田 3331の開場時間は11:00〜19:00、会期中無休。いずれの会場も入場無料だが、一部のイベントは有料となっている。

(シマダマヨ)