ユニセフ(国連児童基金)の基幹刊行物『世界子供白書』は、毎年、世界全体の子どもたちに関する統計データや、子どもたちに影響を与えている様々な問題・課題をテーマに、世界の傾向を包括的に分析したレポートを掲載している。公益財団法人 日本ユニセフ協会は、本年6月28日に発表された『世界子供白書2016(原題:The State of The World’s Children 2016)』に掲載されている統計データの日本語翻訳版を発表した。統計表のPDF版は、下記特設サイトで閲覧できる。

世界子供白書

■“マスメディアの利用率”も〜多岐に渡るデータを掲載

世界子供白書の統計表は、人口、教育、保健などの基本指標のみならず、子どもたちのインターネットなどのマスメディアの利用率に関するものまで、多岐にわたるデータを紹介している。子どもの生死に関わるものから、水やトイレの利用、貧困下で暮らす人の数、児童婚や出生登録の割合などのデータを、国別は勿論のこと、南米・アフリカ・アジアなどの地域別、そして世界全体での数値の形で掲載している。

子どもたちの生活の向上や権利の実現のためには、状況を示す証拠=データが不可欠。データがあれば、さまざまな環境下で暮らす子どもたちの間の格差が可視化され、平均値に埋もれている取り残された子どもたちを見つけることもできる。最も貧しい子どもたちは、最も裕福な子どもたちと比較すると5歳の誕生日を迎えずに亡くなる可能性は2倍に上る。

また、最も貧しい世帯の女の子が、最も裕福な世帯の女の子と比較して、幼くして結婚する割合も2倍に上る。こうしたデータを活用すれば、最も支援を必要としていながら、これまで支援が届けられ難かった子どもたちへの支援も、推進することができる。

PDF版はこちらから。

http://www.unicef.or.jp/sowc/data.html

文/編集部