伊集院光が絶賛した女子ソフトボール選手「追っかけていくことにしました」

写真拡大

22日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、伊集院光が、女子ソフトボールチームのトヨタ・レッドテリアーズに在籍する外野手・長崎望未(ながさき・のぞみ)を絶賛した。

番組では、伊集院が高校野球とともに高校野球に詳しい「甲子園芸人」を話題にあげ、女子野球も含め、多くの吉本芸人がすでに「食い込んできている」と指摘。なんでも伊集院は、他事務所の芸人が仕事で関わるジャンルに自身も熱を入れるのが「照れる」のだそう。

そんな伊集院が次に注目しているのが女子ソフトボールリーグだといい、特に愛知県豊田市を本拠地とするトヨタ・レッドテリアーズ所属の外野手・長崎が有望株だと打ち明けた。

【長崎望未のFacebook】


伊集院は以前、名古屋での仕事で長崎と共演したことがあるようで、その印象として「超可愛い」と絶賛。外見だけでなく実力も兼ね備えているようで、現在24歳ながらすでにホームラン王1回、打点王2回、ベストナイン3回、新人賞を受賞するなど輝かしい成績を残している。

長崎について伊集院は「アイドルみたいな顔で、俺の好きなタイプのショートカットで身長160センチくらいの小柄な選手なんだけど、ホームランをすげー打つ」と評し、彼女を中心にソフトボールにのめり込むと宣言。「他の芸人さんは、ついて来ないでください。僕はもう追っかけていくことにしました」と釘を刺し、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連リンク】
トヨタ・レッドテリアーズ選手紹介

【関連記事】
伊集院光 リオ五輪閉会式に感慨「ゲームもアニメも虐げられてきた」
伊集院光が東京都知事選の期間中に緑のシャツを着て外出し難かったと訴える
伊集院光が「ポケモンGO」をめぐる抵抗感 「やってるな」と思われたくない