ワンコは本能的に人間の悲しみを和らげようとしている。

ワンコと生活を共にしていらっしゃる方なら経験された事はあると思いますが、自分が落ち込んだ時や悲しい気分の時に、愛犬がそれを悟って傍に寄り添い、主人を慰める事があります。
実は最新の研究によって、ワンコは自分の主人以外にも泣いている人なら誰でも慰めようとする習性を持っている事が分かっています。
どうやらワンコは本能的に人間の悲しみを和らげようとしている様なのです。

確率は約84%

イギリスのロンドン大学ゴールドスミス校の研究員達は、多種多様なワンコ18頭を選び、オーナーと見ず知らずの人達を同じ部屋に入れ、部屋にいる人全員に突然泣いたり叫んだりしてもらいました。
するとその結果、18頭中15頭のワンコはその人間に寄り添ったり彼らに触れる行動をとったそうです。
それはオーナー以外の知らない人に対しても同様の態度をとり、また、他にも数多くのワンコ達に同じ実験を試みたところ、約84%のワンコが悲しんでいる人達を慰める行為をしました。
これは10頭中8頭の確率で、慰めの行動を取った事になります。

泣いている人を慰める行為は社会的精神の成熟

ワンコが泣いている人を慰める行為は人間の3~4歳の幼児がする行為と同様で、子供が泣いている人を見て自分の大切なオモチャを与えて慰めるのと同じ行動なのです。
ワンコも人間と同じで、成長するに連れワンコの行動の内容も成長して行きます。
つまり人間と生活する事により本能も『社会的精神が成熟して行くのだ』と、ロンドン大学の【ジェニファー・メイヤー氏】は語っています。

ワンコという動物は、オーナーであろうが他人であろうが、誰かが泣いていると殆どが静かに近づき癒しを与える行動をとります。
それは、「オーナーを含む人間の感情に深く同調して悲しみを共有しようとしているから」、とジェニファー・メイヤー氏は述べています。

永遠の研究課題

ワンコが人間の感情に敏感である事は昔から解明されていましたが、それを証明する科学的な研究は未だ行われていません。
ワンコは人間の言葉が理解できないため、なぜ人間の悲しみを理解し癒してくれるのかは未だに不明です。
やはり致命的なのが【言葉で会話することができない】と言う事でしょうね。
もし解き明かす方法があるとすれば、それは私達愛犬家でないと出来ない仕事ではないでしょうか。
ワンコに対する強い愛情こそが、それを成し遂げられると思うのです。

どんなに優れた学者でも、ワンコと信頼関係の深いオーナーには勝てないと私は考えています。
何だか精神論みたいになってしまいましたね。
でも、そのくらいワンコを愛してあげなければ【永遠の研究課題】になってしまうと言いたいのです。

まとめ

ここでは私の見解を中心に述べさせて戴きます。

この研究内容を見て感じたのですが、何故か人間の目を見ながら生活するワンコについて述べられていないのです。
声のトーンの違いでも然りです。

ワンコって主人の目をいつも見ながら生活しています。

ですからワンコは人間の目を見ながら、声のトーンで感情を読み取っているのではないかと思います。
人間の目を見ると言う事と、声のトーンと言う視点の選択肢が有っても良かったかったのではないかと思います。
『専門家でもないのに分かった様な口を聞くな』と言われてしまいそうですね。

以前私が体調不良で寝込んでしまった時に、愛犬は私にべったり寄り添いながら、じっと私の目を見ていました。
そして私の苦しそうな表情を見て凄く心配してくれていると感じました。
結局私の体調が戻るまで傍から離れず、体を寄せて一緒に寝てくれました。
そんな愛犬の健気な姿を見た私は、この子のためにも早く治そうと思いました。

完治して起きれる様になった私の目を見ながら、愛犬は大あくびをして何時もいる場所に戻って行きました。
何で大あくびをしたのかは分かりませんが、私が思うに、あくびは安心した結果だったのではないかと思っています。

『ワンコって、主人が病気になるとこんな行動を取るのか!』と思うと、ますます愛犬が好きになり、この子と一緒に生活できて本当に良かったと感じました。

ワンコが主人の目を見るのは全てに於いてそうです。

目を見ながら
『主人は何をしようといてるのかな?』
『何処へ行くのかな?』
『ご飯作ってくれるのかな?』
等などです。

だからこそ人間の泣いている時,苦しんでいる時,喜んでいる時などが分かるのだと思います。

私は研究者ではありませんので、この見解が正しいのかは分かりません。
日本には【目は口ほどにものを言う】ということわざが古くからあります。

ワンコと人間の付合いは縄文時代からだと言われていますので、ワンコが人間の目を見ながら顔の表情を見て、更に声のトーンで感情を読み取るのは長い歴史の中で培って来た技なのではないでしょうか。
そんな気がしてなりません。

皆様はどう思われるでしょうか?