天空のペンギン!?池袋・サンシャイン水族館が大幅リニューアル

写真拡大

池袋・サンシャイン水族館が、屋外エリア「マリンガーデン」を2017年春オープンをめざしリニューアルすると発表しました。

サンシャイン水族館では2011年8月に「天空のオアシス」をコンセプトに、最新の展示手法を取り入れ全面リニューアルを実施していますが、今回は「天空のオアシス第2章」として世界初の展示を含む5つの新展示を伴う大幅リニューアルを実施。
これにより、前回もプロデュースを担当した水族館プロデューサー中村元氏の構想では「天空のオアシス」が完全なものとなるそうです。

【関連:リアルできもかわ!オオサンショウウオペンケースが話題】

第2章では、まるでペンギンたちが空をとんでいるようにも眺めることのできる「天空のペンギン」。館長・丸山克志氏が4年前にアフリカ・ケープタウンで見た、ありのままの環境で暮らすケープペンギンを再現する「草原のペンギン」。ほかにも草むらを駆け急流に潜る本来のコツメカワウソの暮らしを再現する「川辺のカワウソ」に、パフォーマンスタイムではペリカン食事タイムを水中真下から観察できる「水中のペリカン食事タイム」、アマゾン川の魚、ドラドやアロワナの水上ジャンプがみられる「アマゾンジャンプタイム」が実施予定です。
また、夕暮れからは青を基調とした照明演出により、更に都会の中のオアシスとして幻想的な“ナイト水族館”も展開されます。

草原のペンギン

屋外エリア「マリンガーデン」リニューアル工事中は、該当エリアの生き物たちは本館屋上エリアへお引っ越しし、「マヂカワペンペリガーデン」にて展示されるそうです。仮住まい先での展示は2016年9月1日(木)〜2017年3月5日(日)まで。開放時間はサンシャイン水族館の営業時間とはことなり、10:00〜16:30までの間となります。