21日、アーロン・クォックが香港コロシアムでコンサートツアーをスタート。結婚願望を語った。

写真拡大

2016年8月21日、アーロン・クォック(郭富城)が香港コロシアムでコンサートツアーをスタート。結婚願望を語った。東方日報が伝えた。

【その他の写真】

9月6日まで15日間にわたって最新ワールドツアー「舞林密碼」を開催する。8月21日に初日ステージを迎えた。芸能界に足を踏み入れて31年、正式デビューから26年目になり、今年51歳を迎えるが、「もう若くないので」と語り、珍しく結婚願望をファンの前で披露した。

7年間交際していたモデルで女優のリン・ホン(熊黛林)と13年に破局後、昨年は23歳下の中国人無名モデル、方媛(ファン・ユエン)との交際が明らかに。当初は中国版ツイッターでツーショット写真を披露していたが、「浮かれすぎ」などとバッシングを浴びてからは、大っぴらに交際を語ることがなくなっている。

初日ステージ終了後、香港メディアのインタビューに答え、舞台で明かした結婚願望についてコメント。ステージ上での華々しいプロポーズなどは考えておらず、あくまで2人だけの秘密にしたいという。モデル恋人との交際は順調で、仕事のため初日は間に合わなかったものの、「仕事が終わったらやって来る予定」と明かしている。(翻訳・編集/Mathilda)