誰しも若い頃、胸を熱くし、夢中になった漫画があったことだろう。しかし多忙になるにつれ、漫画を手に取る機会も少なくなっていく。人生も折り返しを過ぎた今こそ、再び読み始めてはどうだろう。きっとあなたの老後は豊かなものになるはずだ──。

 そこで本誌では、各界の「漫画通」が薦める作品を「感動部門」、「政治・経済・社会部門」、「歴史部門」、「スポーツ部門」に分けてピックアップ。ここでは「歴史部門」の作品を紹介しよう。

 大国が栄えたり滅んだり、歴史作品は壮大なスケール感が魅力の1つだ。マンガ専門の書店・福家書店新宿サブナードコミックストアの店長である大塚久克氏は、「当店では通常、最新の2〜3巻だけを置くのですが、『キングダム』(原泰久、集英社刊)は既刊全て(43巻)を常時置く、数少ない作品です」と、人気ぶりを語る。

「中国の春秋・戦国時代を描いた物語で、始皇帝となって中国を統一する秦王(始皇帝)につかえた少年の信が仲間と出会いながら大将軍へと出世していくストーリー展開が面白い。信だけでなく仲間や敵対する他国の武将を含めてのキャラクターがかなり濃厚で歴史マニアでも楽しめると思います。今や人気すぎて、書店長として紹介するのがためらわれるレベルの作品ですよ(笑い)」

 毎年のヒット作を表彰する『マンガ大賞』の発起人で、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏は『ゴールデンカムイ』(野田サトル、集英社刊)を「読んだことがない人が羨ましい。この感動をまっさらな状態で楽しめるんですから」と大絶賛。舞台は明治末期の北海道。日露戦争帰りの元軍人・杉元佐一がアイヌ民族の少女・アシリパ(「リ」の文字は小さい)と共に金塊を探し求めるという物語だ。

「同作は冒険あり、笑いあり、涙あり、グルメあり……と全ての要素が入っている。アイヌの人たちの協力で、彼らの暮らしぶりや文化も正確に描かれている点にも注目です」

 1979年からいまだ連載が続く『風雲児たち』(みなもと太郎、潮出版社刊、文庫版はリイド社刊)は、経済漫画『インベスターZ』の編集を手がけたコルク社長の佐渡島傭平氏の推薦。もともとは幕末をテーマに描かれるはずだったが、「幕末の状況はそもそも江戸時代の成立に根がある」という作者の意図で、江戸300年を通じた“超大河漫画”に発展したという。佐渡島氏が興奮気味に語る。

「歴史上の大きな事件には、関わった人の『感情』がある。同作は歴史を動かした人たちの『感情』が丁寧に描かれていて、すごく伝わってくる作品なんです」

 その象徴的な場面として佐渡島氏が挙げたのが、吉田松陰の埋葬シーンだ。

「当時の埋葬は土葬で、真っ裸にされて、体育座りのような格好で樽の中に入れられるんです。吉田松陰は斬首されているので、両手を受け皿にして、お腹のあたりで自分の首を抱えて入っている。それを見て、“泣いたことがない”といわれる伊藤博文が号泣したという逸話が描かれています。伊藤博文が政治家になる決意を固めたのは、実はこの瞬間に芽生えた感情だったのでは……と考えさせられます」

※週刊ポスト2016年9月2日号