セクシーの秘訣は“ビール風呂”。庶民派マーゴット・ロビーに全米がメロメロ!

写真拡大

 9月10日より日本公開予定の『スーサイド・スクワット』で悪人軍団の紅一点、“ハーレイ・クイン”を演じているマーゴット・ロビー(26歳)。

 同作はすでに全米で3億ドルに迫るメガヒット。中でも“ハーレイちゃん”は、最強悪役である“ジョーカー”の存在を霞ませるほどのぶっ飛んだキャラクターで人気者になっています。

 キュートで小憎らしく、それでいてセクシーすぎる演技が話題のマーゴット。彼女が女性誌『Harper’s Bazaar』で明かした私生活は、ぶっ飛んだハーレイちゃんキャラとは正反対の超庶民派で、その親しみやすさが、全米ファンの心をぐっと掴んでいるようです。

◆セクシーボディの秘密は「ビール風呂」

 セクシーボディを保つ秘訣として、マーゴットが語ったのはまさかの“ビール風呂”。ビール風呂と聞くと、柚子や菖蒲のほか、生姜やみかんなど、あらゆる物を湯船に浮かべたがる風呂好きの日本人は「なるほど、ビールを湯船に入れるのね」と簡単に納得してしまいそう。

 長澤まさみも美貌の秘訣に「日本酒を湯船に入れて身体を温める“日本酒風呂”」を挙げていたくらいですし、アルコールを湯船に入れる美容法は世界でも珍しくありません。実際に世の中には“ワイン風呂”や“ビール風呂”なるものにゆっくり浸かって、ゴージャスな夜を過ごしている女性もいるようです。

 しかしマーゴットの言うそれはちょっと違っていました。

 マーゴット流のビール風呂とは、熱いお風呂に浸かりながらキンキンに冷えたビールを飲むというもの。なんだか単なる飲んだくれみたいですが、そうすることでハードワークで疲れた身体と頭をリラックスさせることができ、ぐっすりと眠りに入れるのだといいます。

 この入眠儀式は、映画『アメリカン・レポーター』の撮影時にスタッフがマーゴットに教えたリラックス法。話を聞き「超良さそう!」と思い、以来、毎日のようにこのビール風呂を実践しているそうです。

◆親しみやすさはJ・ローレンス並み

 お風呂でリラックスする際に高価なワインやブランデーなどではなく、比較的安価なビールを飲む生活に親近感を感じた『Celebitchy.com』では、マーゴットを「“超庶民的な私生活”で人気者になったジェニファー・ローレンスを思わせる魅力がある」と絶賛。

 確かにインタビューを読み進めていくと、どうやらマーゴットの健康法の基本は、「質の高い睡眠」と「肩肘張らない生活」にあることが分かってきます。

「早起きが嫌い」「毎日のルーチンは特にない」「(エクササイズの中では)ダンスなら運動って感じがしなくていい」「1時間の運動をするよりも、十分な睡眠を取ることの方が大事」などと話すマーゴット。

 彼女の口からは美容効果のあるエクササイズに関することよりも、いかにスムーズに入眠するかの方が熱く語られ、だからこそ飛び出したビール風呂話でした。

 そしてマーゴットの気取らない気質を最も表していたのは、インタビュー当日に食べたという朝ごはんの話。

 いわく、「アボガドとベーコンのトーストなんかが理想の朝食。でも今日は朝食にステーキを食べちゃった。一昨日、とても美味しいステーキ店に行って、残りを持ち帰ったんだけど、“あぁ、もうどうでもいいわ。私は今すぐこれを食べたいのよ、昼まで待ちきれないわ”って気分になっちゃって」。

 流行りの「丁寧な暮らし」の真逆を行く庶民派マーゴット。その気取らない暮らしぶりで日本ファンに受け入れられる日も近いかも?

Source:『Harper’s Bazaar』 http://www.harpersbazaar.com/culture/features/a16958/margot-robbie-daily-routine/
『Celebitchy.com』 http://www.celebitchy.com/499896/margot_robbie_our_new_j-law_is_all_about_a_good_6_am_beer_shower/

<TEXT/橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)