23日、韓国・朝鮮日報は、ブラジル・リオデジャネイロ五輪のラストを飾った男子マラソンで、韓国代表選手らがカンボジア代表・猫ひろしと最下位争いを繰り広げたと伝えた。写真はリオデジャネイロ。

写真拡大

2016年8月23日、韓国・朝鮮日報は、ブラジル・リオデジャネイロ五輪のラストを飾った男子マラソンで、韓国代表選手らがカンボジア代表・猫ひろしと最下位争いを繰り広げたと伝えた。

記事によると、マラソンは韓国が過去五輪の陸上競技で唯一メダルを獲得した種目。リオ大会では陸上競技に韓国代表選手15人が出場したが決勝に進めた選手はおらず、最後の男子マラソンにわずかな望みが懸かっていた。しかしこのマラソンも、非常に残念な結果に終わった。ソン・ミョンジュン(22)は2時間36分21秒で完走者140人中131位、シム・ジョンソプ(25)は2時間42分42秒で同138位と、いずれも韓国選手として史上最低の成績。2選手とも国内で出した記録より20〜30分も悪いタイムで、シム選手に至っては女子マラソン代表のアン・スルギ選手(42位・2時間36分50秒)にも劣る成績だった。

一方、カンボジアのマラソン代表として夢の五輪出場を果たした日本のお笑い芸人・猫ひろし(本名:瀧崎邦明・39)は、2時間45分55秒のタイムで139位、辛うじて最下位を免れた。40歳手前の「日本のコメディアンの挑戦」は競技前に韓国でも報道され話題になっていただけに、韓国では「代表選手たちはお笑い芸人と最下位争いをした」との声が上がっている。記事にも、韓国代表選手のふがいなさを嘆く声が多数寄せられた。

「かばいようがないほど情けない成績」
「まだ日本のお笑い芸人より3分速くてよかったよ。韓国マラソン界の現実が情けないね」
「ハングリー精神がないからだ」
「日本のお笑い芸人と技量がほとんど同じ!2人とも陸上選手を名乗ってないでお笑いでもやれ!」

「完走が目標みたいな人が国の代表とは…」
「一般のマラソン同好会でも3時間を切る人は多いよ」
「それでも韓日戦には勝ったと言うべきか…」
「考えれば考えるほど頭に来る。選手自身やコーチの飛行機代とかその他費用を全部払わせろ」

「負けたけどよく頑張ったと励ますにはひど過ぎる成績。それも1人ならペース配分に失敗したかもと思えるけど、2人ともこれじゃ、とても弁解できない」
「いくらなんでも女子選手より遅いのはさすがにひどい」
「五輪の陸上競技にはもう出場をやめるべきだ。税金がもったいない」(翻訳・編集/吉金)