牛カツに麦飯、とろろなどがついた人気セット「牛ロースカツ京とろろ膳」(税抜130g1380円)

写真拡大

京都・先斗町に本店を構える、京都発の牛カツ専門店「京都勝牛」が、7月31日に京都・四条河原町で新店舗をオープン。

【写真を見る】衣はサクサク、中はミディアムレアでジューシーな牛カツは、わさび醤油や山椒塩との相性も抜群

提供する牛カツは、“和の牛カツ”として、わさび醤油をはじめ、山椒塩、牛カツース、和風カレーつけ汁の4種の塩やソースが用意されており、一口目はわさび醤油、二口目は山椒塩と、食べる毎に異なる味が楽しめるのが特徴。

“シメ”は、お替わり自由の麦飯にカレー汁をかけて“和風カツカレー”で楽しむなど、何段階にも味を変化させられ、最後まで飽きずに食べられる。この夏からは“京とろろ”も新たに加わり、さらに味のバリエーションが広がった。

使用する肉は、ロースの中でも柔らかくて赤身の旨味が濃厚な“ハネシタ”を使用。薄めの衣をまとわせ約60秒でさっと揚げるので、サクッとジューシーな食感を実現している。

また、“和の牛カツ”だけあって、店内は京の割烹をイメージ。ゆっとりとした和のシンプルな空間で、京情緒も満点できる。店がある四条河原町は、清水寺や高台寺、建仁寺などがある東山エリアからも近いので、京都の寺社めぐりの後に立ち寄るのもおすすめだ。【関西ウォーカー】