写真提供:マイナビニュース

写真拡大

システナとアシアルは8月23日、モバイルアプリのクロスプラットフォーム開発分野において業務提携を行ったと発表した。アシアルのモバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発パートナーとしてシステナが参画し、共同マーケティング、サービス開発などに取り組むとしている。

Monacaは、iOS、Android、Windowsに対応したCordovaベースのアプリ開発プラットフォーム。開発者はHTML5を活用しながら、ワンソースで複数のOS向けのアプリを開発できる。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、技術者の確保、開発コストの削減および開発期間の短縮が期待できるとしている。

システナは、携帯電話開発の初期から20年にわたるアプリ開発の実績があり、モバイル端末のフロントエンドアプリ開発だけではなく、Webサービス開発で培った技術力を活かし、バックエンドサーバシステム構築から保守まで、ワンストップでモバイル活用ソリューションを提供するという。

(山本明日美)