ペットボトルのふたを有効活用!マカロン風針山を作ってみた

写真拡大

夏になると消費が増えるペットボトル飲料。飲み干したらすぐ捨ててしまうことの多いペットボトルを、かわいくリメイクすることはできないかと「教えて!goo」で探してみると、「ペットボトルのふたをリサイクル以外に再利用して日常生活に役立てる何か面白い方法がありますか?」という質問を発見! 回答を見てみると、「同じ絵柄を集めてコルクなどに貼り付けるとアートになる」(yu-taroさん)、「平らなダンボールの上に等間隔で並べて貼り付けて『足裏マッサージ』とか!?」(mikan23さん)といったアイデアが寄せられていた。

■ふたを使った珍しい活用法!

飲み終わったら捨ててしまうペットボトルの再利用に興味を持った筆者は、他にどんなものがあるのかと調べてみると、ペットボトルのふたを使って作る針山を見つけた。マカロンみたいなカワイイ見た目が気に入り、早速チャレンジしてみることに!

■作り方はとっても簡単

用意するものは、ペットボトルのふた:1個、ハギレ:2枚(ふたを包める大きさ)、綿:適量、リボン:ふたの高さ+厚み分×ふたの円周、はさみ、針、糸、木工用ボンド。

1枚目のハギレでふたを包みボンドで止め、もう1枚のハギレは、はさみで丸く切り、布の内側0.5cmほどを針で縫い袋状にし、綿を入れる。ふたを包んだハギレと、袋状にして綿を入れたハギレとを重ねてボンドで止める。さらに接合部分にボンドを塗り、太さを調節したリボンを貼れば完成だ!

詳しい手順は動画でチェック!



ニコニコ動画で見る→bit.ly/2bCSycq

■アレンジし放題!

ハギレの色や柄を変えたり、リボンの色やデザインを変えるだけでも、カラフルなマカロン風針山が作れる。簡単なので、夏休みの工作としても良さそうだ。捨てるペットボトルがあれば是非チャレンジしてみてはいかがだろうか。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)