危険!? 子どもの半数は“嘘”をつき、ほどんどの親が“騙されている”事が判明

写真拡大

『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴です。

幼児期から叱るべき!「いいママ症候群」の親が、ついしてしまう“危険な子育て”とは?

今日は、親が思っている以上に子どもは嘘をつくかも、というカナダの実験を参考に、子どもの嘘について考えてみたいと思います。

子どもの半数近くは「嘘つき」!? ショックな実験結果

カナダのブロック大学のアンジェラ・エバンス教授らがある実験をしました。

エバンス教授らは、8歳から16歳までの子ども118人にあるテストを受けさせました。

その時、ズルをしてはいけないと言い残して部屋を出て、ひそかに子ども達の様子を観察したのです。

不正の仕方は人それぞれ違ったでしょう。誰もが明らかにわかるように不正をしたとは思えませんが、注意深く見ればわかるでしょう。

テストの後、50人は、正直に不正をせず解答したことが明らかでした。しかし、49人は不正をしていたにもかかわらず「していない」と嘘をつき、9人が「不正をした」と告白しました。

半分以上の子どもが不正を働き、しかも嘘をついたのです。

日本人の子どもは、こんなにズルはしないよねと思いたいですが、監視の目がなくても、正直でいられる子どもは、果たしてどれくらいいるでしょうか?

一方で、ほとんどの親が子どもに「騙されている」

実は実験はまだ続きます。

その後、このテストの様子を映したビデオを、同じく8歳から16歳の子どもを持つ親152人、そのうちこのテストを受けた子どもの親80人と、子どもを持たない大学生に見せて不正を見抜けるかどうかを試したのです。

するとこのテストに全く関係がない人達は、予想されたより多く嘘を見抜くことができましたが、テストを受けた子どもの親の多くは、自分の子どもの嘘を見抜けなかったというのです。

子どもの嘘を見抜いたら、親としてはそれなりの対応をしなければなりません。でも、嘘を責めたりしたら、子どもに「私を信じてくれないの!?」と強く反発されるかもしれない。

親は子どもとの信頼関係が崩れてしまうかもと恐れて、嘘を見ないふりや気づかないふりをしてしまうことも多いのです。

もちろん、本当に信じ切っている場合もあるでしょう。

研究者は、親は他人の子どもの嘘は見抜けるが、自分の子どもの嘘を見抜くのは苦手なようだと言います。

「正直な子」と「嘘をつく子」の差は?

では、このように正直な子と嘘をつく子との差はどこから出てくるのでしょうか?

この実験で正直だった50人は、おそらく幼児期に親から嘘をついてはいけないと、しっかり教えられていた子ども達だと思います。

人が見ていようといまいと、してはいけないことはしてはいけない、不正は良くないと、きちんと理解できている子達なのです。

一方、嘘をつきとおした子ども達は、幼児期に嘘をついてもバレなかった経験をたくさんしてきたのだと思います。「やってない!」と嘘をついたら叱られなかった。今回の不正も嘘をつきとおしたら叱られないで済むと考えたのでしょう。

また、ズルをしていい点を取った時は親に褒められ、ズルをしないで悪い点を取ってしまった時は、厳しく叱責されたのかもしれません。

嘘をつくことのメリットのほうが大きければ、子どもはどんどん嘘をつきます。

子どもの嘘で、親子の信頼関係を崩さない方法

この実験で研究者は、親が子どもの嘘を見抜いて注意することで、子どもとの信頼関係が崩れてしまうと恐れているのではないかと述べています。

実際、子どもに甘い親は、何でも子どものすることを認め許すことで、自分は物わかりのいい優しい親で、子どもから愛されていると思い込んでいる場合もあります。

でも、これは大きな勘違い。嘘を見抜いて子どもを叱れば親子関係が悪くなるなどということはありません。

むしろ逆で、親に嘘をついてもバレない(親は自分の嘘を見抜けない)し、叱られないとなると、子どもは親をバカにし、信頼しなくなります。

そして、嘘をつくことで得をすると考えるようになった時点で、子どもは犯罪者への道を歩み始めるのです。

嘘をつかない子は、年収が高くなる!

以前『子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明!』の記事でご紹介した神戸大学の西村和男教授は、2013年に「年収が高くなるしつけがある」と発表していますが、その中に「嘘をつかない」というのがありました。

これは親の言うことを聞いたかどうかではなく、親から言われた記憶があるかどうかで調査した結果でした。

すなわち、子どもが言うことを聞こうと聞くまいと、「嘘をついてはいけない」と言い続けなければならないのです。

子どもの嘘に対しては、親がしっかり向き合わなければならないというのはわかっていただけたでしょうか?
嘘の見抜き方や取ってはいけないNG対応についても、また改めて詳しくお伝えします。

<参考>Mail Online