男子は「口説かれ自慢をする女子」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「口説かれ自慢をする女性」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「本気で口説かれたのであればまだいいけれど、それただのナンパじゃん...? っていうときあるよね。それでモテてますっていう自慢をする女性は損してると思う。ナンパでよろこぶほど恋が久しいってことだからね」

「正直、女性の口説かれ自慢は、思わせぶりな行動してたら当然だろって思うことが多い。そういう女性は彼女にしたくないなって思っちゃう」

「小悪魔な感じで、言い寄られることに快感を覚えてるタイプの女性は、本命にしようとは思わないな」

それ、軽く見られているだけです

口説かれたことを報告する女性は多いですが、内容によってはマイナスイメージになります。

本気で誰かに口説かれたのであれば、闘争心に火がつきますが、ただのナンパであれば、それを自慢している精神性にがっかりしてしまいます。

思わせぶりな態度してませんか?

飲み会で口説けそうな(軽そうな)女性がいれば、男性はすぐに口説こうとします。なので、男性からすると思わせぶりな言動をしている女性の口説かれ自慢は本気と捉えません。

それよりも、意識的でも無意識でも、男性の気持ちをもて遊んでいる女性にあまりいい印象を抱きません。

本命にはなりえない

男性は人気のある女性はたしかに気になる存在ですが、口説かれ自慢をする女性は嫌いです。男が言い寄ってきている状況を楽しんでいるような女性と本気で向き合って恋愛をしようなんて思いません。

男子にとっては、「口説かれ自慢する女性は論外」というのがホンネです。男性はなんだかんだ言って、ピュアな関係や恋を求めています。

口説かれ自慢なんかされたら、恋愛対象外にする可能性もあります。

もし男性にその手の話を振られたりしても、鼻高々にエピソードを語るのではなく、ひとつひとつの恋に真摯に向き合っている姿勢を伝えるようにしましょう。

写真/Shutterstock