普通なんてつまらない!全国の変わったオモシロ博物館10選

写真拡大

博物館は静かで知的好奇心を満たすにはピッタリの場所です。博物館に出かけるのが好きだという人も多いのではないでしょうか。けれど「よくある」博物館にはちょっと飽きてきてしまった……そんな人のために、面白い博物館をご紹介します。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 面白い博物館へ行こう!全国の面白い博物館10選

◎ 1:目黒寄生虫館

一風変わった博物館といえば、この博物館を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。目黒寄生虫館はその名の通り、寄生虫だけを扱った博物館です。ここへ行ったあとは食事に行きたくなくなる、なんて話もあります。

開館時間:10:00〜17:00
休館日:月曜日・火曜日(祝日の場合は開館し、直近の平日に休館)、年末年始
入館料:無料
所在地:東京都目黒区下目黒4-1-1
電話番号:03-3716-2322

◎ 2:三笠鉄道村

電車好き・鉄道好きにはたまらない北海道の博物館です。なんとSLに乗ることも可能!鉄道が好きな方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

開館時間:9:00〜17:00
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
冬期間休館:10月16日〜4月15日
入館料:一般530円/小・中学生210円
所在地:北海道三笠市幌内町2丁目287
電話番号:01267-3-1123

◎ 3:新潟せんべい王国

米どころ新潟といえば、おせんべい!歴史を学んだり展示されている資料を見ることができるほか、自分たちでせんべいを焼くことができます。お子さんと一緒に出掛けて、家族全員で楽しめますね。

開館時間:9:30〜17:00
休館日:火曜日を臨時休業とすること有
入館料:入場無料
所在地:新潟県新潟市北区新崎2661番地
電話番号:025-259-0161

◎ 4:刀剣博物館

テレビドラマや映画で見ることはあっても、実物に触れる機会がなかなかない「刀」。そんな「刀」の博物館です。「楽しかった」「魅了される」「また行きたい」と好評で、昨今の刀ブームも相まって訪れる人も増えているようです。

開館時間:10:00 〜 16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(祝日は開館)
入館料:一般600円/会員・学生300円(中学生以下は無料)
所在地:東京都渋谷区代々木4丁目25-10
電話番号:03-3379-1386〜8

◎ 5:埼玉県立川の博物館

ウォーターアスレチックや観覧車のように巨大な水車がある、遊園地のような博物館です。川に関することが学べますが、目玉はやっぱりアスレチック!外が暑いときや悪天候なら館内にて、川を体験できるシアターで川下り疑似体験ができます。

開館時間:通常期は9:00〜17:00
夏休み期間(平成28年度は7/21〜8/31)は[平日]9:00〜17:30 [土・日・祝・8/11〜8/15]9:00〜18:00
休館日:月曜日(祝日・振替休日・県民の日・7/1〜8/31は開館)/年末年始(12/29〜1/3)
入館料:一般410円/学生200円/中学生以下無料
所在地:埼玉県大里郡寄居町小園39
電話番号:048-581-7333(代表)

◎ 6:まぼろし博覧会

別名「アンポンタン共和国」または「アホとボケの楽園(パラダイス)」またの名を「怪しい秘密基地」とのたくさんの異名を持つ施設の博物館。コスプレ大会や昭和レトロ歌唱ショーが行われるなど、アングラでレトロな雰囲気を味わえます。タレントのきゃりーぱみゅぱみゅさんのおすすめスポットとして雑誌にも登場。

開館時間:9:15〜17:00(8月のみ 9:00〜17:30)
休館日:年中無休
入館料:大人1,200円/小中学生600円
所在地:伊東市富戸梅木平1310-1
電話番号:0557-51-1127

◎ 7:怪しい少年少女博物館

薄気味悪くて面白い、と評判になっているのが「怪しい少年少女博物館」。実は「まぼろし博覧会」の姉妹館です。『可愛くて気持ち悪くて面白くて懐かしい』をテーマに、昭和のレトロな雑貨やおもちゃがそろっています。またおもちゃだけでなく恐怖体験もできるという、ドキドキが好きな人にはたまらない博物館です。

開館時間:9:00〜17:00
休館日:年中無休
入館料:大人1,000円 小中学生600円
所在地:静岡県伊東市富戸街道下1029-64
電話番号:0557-51-8800

◎ 8:ジオラマ京都ジャパン

日本最大の鉄道ジオラマが展示されている博物館です。なんとその広さ285.15平方メートル。鉄道だけでなく京都の街並みも細かく再現されており、ジオラマ好きにも鉄道好きにもたまらない博物館です。

開館時間:9:00〜17:30
営業日・休業日は公式サイトで確認のこと
入館料:大人500円/子供300円
所在地:京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
電話番号:075-882-7432

◎ 9:高知県 海洋堂かっぱ館

とにかくかっぱだらけのこの博物館は「四万十川カッパ造形大賞」の応募作品を展示したかっぱの専門館です。かっぱだけでなく、屋外では川遊びを楽しむこともできます。近くには馬之助神社という変わった神社もあり、日本の民話や風習を感じるひと時を楽しめます。

開館時間:10:00〜18:00(11〜2月は17:00まで)
入館料:一般(高校生以上)500円/小中学生300円
所在地:高岡郡四万十町打井川685
電話番号:0880-29-3678

◎ 10:駄菓子屋の夢博物館

こちらの美術館では、駄菓子屋おもちゃを展示。なんと20万点の収蔵品を誇る昭和の駄菓子屋辞典のような博物館です。膨大な収蔵品の中から5万点を展示しています。昔懐かしい駄菓子屋のおもちゃ。子供時代を思い出します。館内は昭和30年代を彷彿させるレトロさで、タイムスリップした気分を味わえますよ。

開館時間:10:00〜17:00
定休日:年中無休
入館料:大人600円/小中高生420円
所在地:大分県豊後高田市新町1007-5
電話番号:0978-23-0008

■ ちょっと変わった世界へ…

魅力的ですてきな博物館がこれでもか!と全国にはありますね。どの博物館も一度は訪れてみたいです。まずは近場から。そして少しずつ遠くに足を延ばしてみましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・バジル太郎 編集:nanapi編集部)