深海と宇宙の神秘に迫る5日間:東京工業大学、秋の講演会

写真拡大

深海と宇宙。まだまだ謎に満ち、それゆえに人を惹きつけてやまないこの2つの未知の領域をテーマに、東京工業大学が講演会を開催する。登壇者には、「科学界のインディージョーンズ」の異名をもつ生物学者・長沼毅や、スーパープラネタリウム「MEGASTAR-IIB」の制作者、大平貴之らを迎える。

「深海と宇宙の神秘に迫る5日間:東京工業大学、秋の講演会」の写真・リンク付きの記事はこちら

震災、リベラルアーツ、ヴァーチャルリアリティーなど、毎年さまざまなテーマを複数のユニークな視点から掘り下げる講演会を主催してきた東京工業大学社会人アカデミー(旧称:同社会人教育院)。今年は「深海と宇宙」をテーマに、研究者や映像監督、クリエイターらを講師に招き、5回にわたる講演会を開催する。

第1回の講師は、生物学者の長沼毅。「科学界のインディージョーンズ」の異名をもつ彼は、南極や火山、砂漠、深海といった地球の極地を、生物を求めてわたり歩いてきた。そのわかりやすい講義で、ヴァラエティー番組などでも人気の彼が、「謎の深海生物にさぐる宇宙生命および地球外文明の可能性」というなんとも好奇心をくすぐられるタイトルで講演を行う。

第2回のテーマは天空の神秘、オーロラ。オーロラを通じて地球の過去・現在・未来を知るべく研究を続けている片岡龍峰が講師を務める。幅広い年齢層に向けたわかりやすい講演会や、プラネタリウムを利用したオーロラの立体映像化プロジェクト「オーロラ3Dプロジェクト」など、人々のオーロラへの関心をさまざまなかたちで広げている彼が語る、オーロラの秘密とは。

RELATED

第3回の講師は、2014年の打ち上げに成功した超小型衛星「TSUBAME」の開発に携わってきた松永三郎だ。低コスト・短期間で開発できるため、最先端技術の宇宙動作実証や新規宇宙ビジネスの展開につながると期待される超小型衛星。その開発の最前線に立つ松永が、超小型衛星・宇宙機による新しい宇宙活動の可能性を語る。

3人の研究者に続いて、第4回に登壇するのはクリエイター。有人潜水調査船「しんかい6500」を舞台としたテレビドラマ、「海に降る」(2015年、WOWOW)の監督を務めた映像監督の山本剛義を講師に迎え、ドラマに込めた想いと制作秘話を訊く。

最終回となる第5回の講師は、プラネタリウムクリエイターというユニークな肩書をもつ大平貴之だ。彼の代表作は「MEGASTAR」と呼ばれる投影機。同機は、1998年発表当時の一般的なプラネタリウムの投影星数のおよそ100倍にあたる、約150万の星を投影してプラネタリウムに革新をもたらした。また彼が日本科学未来館と共同開発した投影機「MEGASTAR-II cosmos」は2004年にギネスワールドレコーズに認定されている。そんな大平がスーパーリアルプラネタリウム「MEGASTAR」の開発ストーリーを語る。

それぞれ違う5つの視点から語られる深海と宇宙。この秋は2つの未知の領域に想いを馳せながら、知的好奇心を満たしてみてはいかがだろうか。

「深海と宇宙」

お申込み・詳細はこちらから。

講演タイトル・日時・講演者

第1回『謎の深海生物にさぐる宇宙生命および地球外文明の可能性』
9月6日(火) 19:00〜21:00
講演者:長沼 毅(広島大学大学院生物圏科学研究科(生物生産学部) 教授)

第2回『オーロラの宇宙』
日 時 :9月20日(火) 19:00〜21:00
講演者:片岡 龍峰(国立極地研究所 研究教育系・宙空圏研究グループ 准教授)

第3回『超小型衛星・宇宙機による新しい宇宙活動』
日 時 :10月11 日(火) 19:00〜21:00
講演者:松永 三郎(東京工業大学工学院 機械系教授)

第4回『「深海の宇宙」とはなんだったのか 作品を通じて伝えたかった事』
日 時 :10月18日(火) 19:00〜21:00
講演者:山本 剛義(株式会社 ドリマックステレビジョン)

第5回『地上最高の星作りを目指して〜MEGASTAR開発ストーリー〜』
日 時 :10月25日(火) 19:00〜21:00
講演者:大平 貴之(プラネタリウムクリエイター、大平技研代表取締役)

料金:講演会1回あたり、一般社会人2,500円/小・中・高・専門学校・大学・大学院等学生900円
会場:東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館 ディジタル多目的ホール
定員:各回287名
主催:東京工業大学社会人アカデミー

お申込み・詳細はこちらから。