写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーモバイルと東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)は8月23日、スマートホーム分野でのIoTを活用したサービスに関し、業務提携の検討を開始する基本合意書を締結したと発表した。

ソニーモバイルは、双方向のコミュニケーションを可能にする商品や通信技術、ユーザーインタフェースのデザインおよびサービス・ソリューション構築のノウハウを、東京電力EPは、顧客基盤およびHEMSを含む電気使用に関する技術やノウハウを有しており、両社は、今回の基本合意書締結を通じて、これらを組み合わせることで、利用者のライフスタイルに合わせたサービスの企画・開発を行い、フィールドトライアル等の検証、業務提携の契約締結を経て、来年以降、IoT を活用したサービスの開始を目指す。

ソニーモバイルは、リカーリング型の事業として展開、顧客に新しい価値を提案することを目指すという。一方東京電力EPは、総合エネルギーサービス企業として、IoT 等を活用しながら、暮らしやビジネスを支える商品・サービスを届けるとともに、新しい価値の創造に挑戦するという。

(丸山篤)