名古屋は本当に嫌われているのか?

写真拡大

 ベストセラー『京都ぎらい』(井上章一著・朝日新書)に倣い、大特集した本誌・週刊ポスト前号(2016年8月19・26日号)の「名古屋ぎらい」。他県の住民にはどうしてもなじめない独自の文化や習慣を“愛を込めて”紹介したつもりだったが、残念ながら名古屋人の逆鱗に触れてしまったようで、本誌には芸能人や政治家からも反論が寄せられた。反響を肌で感じるべく、本誌は恐る恐る名古屋へ飛んだ。

 JR名古屋駅にほど近い書店の店員は、「『名古屋ぎらい』という文字が目立つポストの新聞広告をお持ちになったお客様に『この雑誌はありますか』と聞かれました」という。また、モーニングで有名な名古屋のチェーン店「コメダ珈琲」に立ち寄ると、雑誌のラックに本誌が置かれていた。店の常連だという50代男性も怒り心頭だ。

「この記事の何が名古屋の人間を怒らせるか教えてやろうか。他県のものをパクっていると書いとるところだがや。何が三重県発祥よ。天むすが“広まった”発祥の地は名古屋でしょうが」

 こうした反論の声は一般市民だけでなく、政界からも挙がっている。長く愛知県議を務め、現在は愛知1区選出の衆院議員である自民党の熊田裕通氏は「名古屋人は批判ばかり」という指摘を否定する。

「そう言わず、“目が肥えている”と思っていただきたい。例えば、お笑いの方々は名古屋を凄く重視すると聞いたことがあります。名古屋でウケたら全国でも必ずウケるといわれるほど、笑いに厳しいそうです」

 また前号で紹介した名古屋独自の「開店祝いの花を持ち去る」習慣は、むしろ「良いことだ」と話す。

「記事で最も違和感を覚えたのが、この風習を“悪いこと”のように書かれていたことです。僕は“良いこと”だと思っています。だって、ずっと置いておけば花は枯れますよね。だから、祝いの花を持って行くことで、開店の喜びを皆さんで共有するという意味が出てくる。なぜ、それを批判するのか疑問ですね」

 芸能界からは、名古屋市中川区出身の俳優・森本レオ氏が、名古屋人の「優しさ」と「感性」を語った。

「地元で駆け出しの役者として活動していた頃、名古屋の役者はみんな本当に親切で『演じるとは本来下品なことなので、ギリギリまで控えめに抑えるのが役者の器量だ』と教えてくれた。後に東京に出たら、喜怒哀楽をくっきり表現する役者ばかりで驚きました。

 東の荒々しさと西のたおやかさを見続けた芸どころである、名古屋の役者の優しい感性を僕は今でも敬愛し、誇りに思っています」

 また名古屋の「いじましさ」は歴史の産物であると森本氏はいう。

「名古屋は元々、大阪で牙を研ぐ豊臣方に対する、徳川家の防波堤でした。名古屋に住む人は、庶民という名の哀しい“辺境警備隊員”だったんだぜえ。ずっと木曽川睨み続けてさ。我々の祖先は怯え続けていたわけで、そりゃあ生き抜くためにケチにもいじましくもなりますよ。歴史に学ぼ」

※週刊ポスト2016年9月2日号