「遥香」ブランドからあらたに発売されたディライトシリーズ。「遥香 抹茶 オーガニック」(左)と「遥香 抹茶 八女茶」

写真拡大

清涼飲料メーカー、ジャテックス(名古屋市)がこのほど発売した「遥香(はるか) 抹茶 オーガニック」と「遥香 抹茶 八女茶」は、これまでの緑茶飲料製品にはないこだわりに徹して開発された。茶葉を挽いて点てたその場でしか用意できないお茶を、いつでもどこでも味わえるペットボトル製品にしたものだ。

新プレミアム日本茶「遥香」廉価バージョン「ディライト」シリーズ

同社は2013年5月、本格派志向のお茶愛好家をターゲットに「新プレミアム日本茶」と銘打ったシックなデザインのボトルの「遥香」を一部有名百貨店などで発売し、同年4月に改装を終えて再オープンした東京・歌舞伎座でも販売を開始した。緑茶飲料製品としては200ml入り500円(税込)とやや高めだが歌舞伎座では200本限定販売のところ連日完売しテレビや雑誌などでも数多く紹介された。

この「遥香」の好調を受け、購買層の拡大を目指してあらたに「デイリーに、ライトに楽しめる」製品群として「ディライト」シリーズを設定。「遥香 抹茶 オーガニック」と「遥香 抹茶 八女茶」が同シリーズの第1弾で、いずれも175mlの「ディライトボトル」入り300円(同)で、ナチュラルローソンなどで販売している。

密封と充填技術にこだわった新発想「フレシエキャップ」

「ディライト」シリーズともども「遥香」ブランドがセールスポイントにしているのは、抹茶と水が分離してパッケージされていることと、抹茶が独自の「フレシエキャップ」システムで密封されていること。飲む直前にキャップを回転させて抹茶を下の水が入ったボトルに落とし、10回ほどタテに振るとスタンバイとなる。「遥香」のボトルにはカップが付属しており、お茶をこれに注いで香を楽しみながら飲むことができる。

茶葉やお茶は、空気に触れた瞬間から酸化による変質が始まり風味が失われる。市場に数多く出回っているペットボトル製品が常温で長期間変質しないのは、保存料としてビタミンCを添加しているためで、その味を抑制するため香料が加えられている場合もある。細かく挽かれたお茶は、空気に触れる面積が多いため、酸化がより進みやすい。密封と充填技術にこだわった新発想による「遥香」の「フレシエキャップ」は、無添加で保存料(酸化防止剤)不使用の緑茶飲料の製品化を実現させた。

「ディライト」シリーズのうち、「遥香 抹茶 オーガニック」はペットボトル飲料として国内初の有機JAS認定の有機栽培抹茶を使用。国内全体の荒茶生産量のうち、有機茶の生産シェアは2%ほどで非常に希少という。