服用を自己判断でやめ、その後に体調を崩して再受診した例も(※イメージ)

写真拡大

 一部週刊誌で「飲み続けてはいけない薬」などの医療批判報道が行われているが、その影響は少なくないようだ。本誌は、医師限定の情報提供サービスを行うメドピア社の協力を得て、現役医師526人に「医療批判の記事が診療現場に与えた影響」を調査した。

「影響が出ている」と答えたのは、145人で約28%。開業医のほうが多かった。

 福田クリニック(大阪府)の福田毅医師は「影響が出ている」と答えた一人だ。

「記事を持ってきた患者さんはいませんでしたが、何度か質問されました。薬の必要性を説明すると同時に、『週刊誌の言うとおりにして体調が悪くなっても、向こうは責任をとってくれないですよ』と伝えています」

 過去には、降圧薬の服用を自己判断でやめ、その後に体調を崩して再受診した患者が何人もいるそうだ。福田医師は常日頃、患者さんにこう話している。

「薬は、飲まないですむならば、それに越したことはない。でも、必要になったら、キチンと飲まなきゃいけないんですよ」

 能登川病院(滋賀県)の内科医、森村光貴医師は、降圧薬やスタチンについて「飲む必要がない」の一点張りの患者と議論になったことも。「値段の高いARBに反応される患者さんが多い気がします。説明が延びて、診察時間が押してしまうこともあります」という。

「薬を飲む、飲まないは患者さん次第。とはいえ、薬を飲まずに重篤な病気で救急搬送された患者さんにあうと、治療を続ける大切さを説明しきれなかった自分に責任も感じる。疑問は遠慮なく医師に質問してほしい。主治医に言いづらければ看護師などに相談する方法もあります」(森村医師)

「患者さんと築いた信頼関係が、こんな記事で失われるのは悲しい」と瀬戸循環器内科クリニック(福岡県)の瀬戸拓医師。

「安い薬に変えてほしいといえば変えますし、副作用が気になるなら別の薬を考えます。医学的な根拠に乏しい記事に患者さんが影響されることが、医師として悔しいです」

 院外処方の医療機関の場合、売り上げは受診者数で決まり、医師がいくら高い薬を処方しても、売り上げにはつながらないという。

「高い薬を処方したら製薬会社からのキックバックをもらえるかですか? いえいえ。少なくともわれわれのような地方の開業医にはありません」(瀬戸医師)

 日本医師会は8月3日、一連の報道を受け、「情報を鵜呑みにせず、かかりつけ医に相談するように」との見解を公表した。

 今回の取材を通し、医師からはこんな声もあった。

「勝手に薬をやめることは絶対にしないでほしい。降圧薬なら家庭血圧で、脂質異常症の治療薬なら血液データから、しっかり下がっているかを確認する。慢性病は腰をすえて長く付き合っていくことが大事です」

週刊朝日  2016年8月26日号