国立循環器病研究センターが不明朗入札 公判で実態が明らかに

ざっくり言うと

  • 国立循環器病研究センターが不明朗な入札を繰り返していたことが分かった
  • 元情報統括部長の公判で弁護士が入札率が99〜100%に上った契約業者を列挙
  • 契約部門が事前に業者側から、仕様書案などを直接受け取っていたと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング