西麻布でキャビア・フォアグラ・トリュフの「三大食材全部のせパフェ」が食べられる!?のキャッチ画像

写真拡大

東京の西麻布にあるフレンチ和食レストラン、「Salle de Makino(サル ドゥ マキノ)」では、8月30日(火)〜10月1日(土)までの周年記念の1ヶ月間限定で高級食材キャビア・フォアグラ・トリュフを全て盛り合わせた「三大食材全部のせパフェ」をコース料理のメニューに加えます。現在、この想像できないような組み合わせの味を求めて、予約が殺到中とのこと。普段はお目にかかることのできない三大高級食材の共演を是非、味わってみてください。

 

フレンチと和食を融合させる、Salle de Makino

●今まで食べたことのない、新しい切り口の料理の数々

「Salle de Makino(サル ドゥ マキノ)」では毎月変わるコース料理を7,800円(税別)から提供しています。コース料理の中の「冷菜パフェ」は名物で、毎月シェフたちが驚きと感動を与えるパフェを開発しているそうです。今回のパフェには、高級食材でもある世界三大食材が盛りつけられています。

 

●あのドラマの舞台にもなったオシャレ空間


名物の「冷菜パフェ」だけでなく、フルオープンキッチンの内装やインテリアは口コミで評判が広がっています。2016年4月には全国放送のドラマの舞台にもなったほどのオシャレな店内。一階はオープンキッチンの広々とした空間でカウンター席もあります。二階はテーブル席で、落ち着いて上質なひと時を味わうことができます。

「三大食材全部のせパフェ」の5つのこだわり

●1.焼きとうもろこしのアイスクリームとキャビア

お皿のサイドに乗っているのは、フィンランド産のキャビアがのった焼きとうもろこしのアイスクリーム。一緒に食べることで甘さと塩分が見事に中和します。冷たいアイスクリームの前菜は、暑いこの季節にとても合いそうです。

●2.北あかり新じゃがいものマッシュポテトと鵞鳥のフォアグラ

甘い「北あかり新じゃがいも」と、より繊細な味わいが引き立つ「鵞鳥のフォアグラ」が使用されています。じゃがいものホクホク感と、口の中で溶けるようなフォアグラの食感を同時に楽しめますよ。

●3.フランス産のサマートリュフ

「食卓のダイヤモンド」と呼ばれる程の貴重なフランス産トリュフが、仕上げに使用されています。生でスライスされたトリュフは、香りが絶品です。

●4.燻製カマンベールチーズとアボカドタルタル

三大食材以外にも、自家製の燻製カマンベールチーズと女性に人気のアボカドタルタルが一緒に盛り合わせにされています。

●5.ミルフィーユ状のきれいな階層

様々な食材が、きれいな階層別に盛り付けられています。パフェの見た目はミルフィーユ状になり、前菜とは思えない仕上がりです。食べるのがもったいなくなってしまいますね。

近々お祝いごとやデートの予定がある方はぜひ、Salle de Makinoで世界三大高級食材に舌鼓を打ち、感動するおもてなしとシェフたちの情熱を体感してみてはいかがでしょうか?予約で埋まる前に計画してみては。

店舗情報
店名: サルドゥマキノ(Salle de Makino)
店舗コンセプト: フレンチ和食レストラン
所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布2-12-6(西麻布交差点より徒歩1分)
Tel:03-6805-1653
営業時間:18:00〜23:00(L.O.21:00)
席数:25席(カウンター&テーブル)