桔梗信玄ソフト390円/kingmasatoさんInstagramより

写真拡大

【サービスエリア・ソフトクリーム/女子旅プレス】ドライブ中に寄り道したサービスエリアで、美味しそうなソフトクリームを見つけるとつい食べたくなっちゃいますよね。それが有名なご当地食材を使っていたり、他にない斬新な見た目のものならなおさら。今回は思わず食べたくなる日本各地のサービスエリアのご当地ソフトクリームを5つご紹介します。

【さらに写真を見る】サービスエリアのご当地ソフトクリーム5選

◆桔梗信玄ソフト(山梨)


山梨県の中央自動車道上り線にある「釈迦堂パーキングエリア」では、山梨を代表する銘菓「桔梗信玄餅」をソフトクリームと合体させた「桔梗信玄ソフト」という、甘いもの好きにはたまらないご当地ソフトが人気を集めています。

なめらかなバニラソフトクリームにやわらかな信玄餅、美味しさをより一層引き立てるきなこと黒蜜がトッピングされており、すべてを一緒にまとめて食べた時の相性も抜群です。

■釈迦堂パーキングエリア


住所:山梨県甲州市勝沼町藤井

◆しんきろうソフトクリーム(富山)


富山県の「有磯海サービスエリア」下り線で味わえる、ちょっと変わった名前の「しんきろうソフトクリーム」は、富山県魚津市が蜃気楼の出現地として有名なことにちなんで作られたご当地ソフトクリーム。

綺麗な水色のソフトクリームは、富山湾の海洋深層水を使っているのでミネラルたっぷり。程よい塩気とさっぱりした甘さが絶妙にマッチして、最後の一口まで美味しく味わえます。

■有磯海(ありそうみ)サービスエリア


住所:富山県滑川市 栗山松ヶ窪2913-10
電話番号:076-471-2601

◆酪王カフェオレソフトクリーム(福島)


東北道下り線、福島県のほぼ中央に位置する「安達太良サービスエリア」の「酪王カフェオレソフトクリーム」は、1976年に登場して以来、福島県民に愛され続けてきた酪王乳業の「酪王カフェオレ」から作られたご当地ソフトクリーム。香り高いコーヒーとコクのある生乳の美味しさをそのまま感じられます。

ソフトクリーム用のカップもおなじみの「酪王カフェオレ」のパックと同じロゴデザイン。またこちらのサービスエリアでは、福島県産の桃果汁を使用した「ももソフト」も人気です。

■安達太良サービスエリア


住所:福島県本宮市本宮字天ヶ221

◆デコポンソフト(熊本)


熊本県の西端に位置する天草市は、地元で栽培されたいちじくやデコポンを使ったご当地スイーツが名物となっていますが、天草市の玄関口である有明町にある「道の駅 有明リップルランド」では、地元産デコポンの甘くてジューシーな美味しさがぎゅっとつまった「デコポンソフト」を味わえます。

サービスエリアの前に広がる美しい有明海を眺めながら、着色料・香料不使用の自然の美味しさを楽しんでみて。

■道の駅 有明リップルランド


住所:熊本県天草市有明町上津浦1955
電話番号:969-53-1565

◆トマQソフト(群馬)


群馬県「赤城高原サービスエリア」上り線の「トマQソフト」は、ソフトクリームに生野菜を組み合わせたインパクト大なご当地ソフトクリーム。

オレンジ色をしたトマト味のソフトクリームに、生のきゅうりとプチトマトを刺したパンチの効いた一品。スプーン代わりにきゅうりでソフトクリームをすくって食べるのが正しい食べ方なんだそう。

■赤城高原サービスエリア


住所:群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1552
電話番号:0570-024-024

いかがでしたか?

日本には全国各地にまだまだたくさんのご当地ソフトクリームがあります。ドライブに出かける際は、途中の道すがらどんなご当地ソフトクリームを味わえるのか調べて行ってもいいかもしれませんよ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。