ハウスボートクラブの海洋散骨

写真拡大 (全3枚)

 お盆休み中、故郷に帰省して墓参りをした人も多いだろう──。だが、近年は核家族化が進み、先祖供養の意識が薄れているうえ、〈子供が海外暮らしをしている〉〈独身だから〉〈金銭的に余裕がない〉など様々な理由から、“自分には墓は要らない”と考える傾向が強まっている。

 そんな時代の変化とともに、社会的にも認められつつあるのが「散骨」だ。8月24日まで東京ビッグサイト(江東区有明)で行われている葬儀・埋葬・供養の終活専門展「エンディング産業展2016」でも、散骨葬法の新しい提案が多数みられる。

 2007年より東京湾を中心に「海洋散骨(ブルーオーシャンセレモニー)」を実施しているハウスボートクラブは、設立当初はわずか5件だった依頼が、昨年は216件、今年もすでに170件を超える散骨セレモニーを執り行っているという。

 一体、どんな人が海洋散骨を選ぶのか。同社代表取締役の村田ますみ氏が話す。

「お墓がない人、お墓があっても跡継ぎがいない人のほか、生前に海が好きだった人や海を仕事にしていた人などからの申し込みがありました。また、有名人の散骨、映画のワンシーンを見て興味を持った人、中には夫と同じ墓には入りたくないという“あの世離婚”を望む女性たちもいます」

 同社では所有する船舶を使い、一隻貸し切りのプラン(24名定員で22万円)、数組の家族が乗り合いで散骨するプラン(2名乗船で12万円)を用意。散骨用の献花や写真撮影、証明書発行などにもこだわっているという。

「ご遺族に代わって散骨する代行委託プラン(5万円)もありますが、単なる遺骨の処分であってはならないと考えています。いつでも愛する人を偲ぶことのできる散骨を目指しているので、散骨後に再び同じ海域に向かって供養できるメモリアルクルーズも行っています」(村田氏)

 直径2.5mの大型バルーンの中に遺灰を入れ、30〜35km上空の成層圏まで飛ばして散骨する「バルーン宇宙葬」(基本費用一式24万円)を手掛けるのは、栃木県宇都宮市に本拠を置くバルーン工房。もともと結婚式の披露宴で風船を飾る仕事をしていた小野寺義博氏が2009年に考案した。

「これまで約170件実施してきました。この葬法は自宅の庭や思い出の地など好きな場所から飛ばすことができますし、死後に墓問題で親族や子供などに負担をかけることもありません。依頼が増える度に、葬儀に対する世の中の考え方が変わっていることを実感します」(小野寺氏)

 成層圏よりも遥か彼方、宇宙まで遺骨を送る“究極の散骨”もある。米シリコンバレーのベンチャー企業、エリジウムスペースは1cm四方の専用カプセルに格納した遺灰を小型人工衛星に搭載し、地球周回軌道に送る「流れ星供養」(30万円)の受け付けを行っている。

 打ち上げ予定は来年後半とのことで、90分に1周の速さで地球を周回する遺骨は、専用のアプリでスマホやタブレットから逐一位置が確認できるという。同社取締役で日本市場を担当する金本成生氏が説明する。

「人工衛星は数日〜数年の期間地球を周回し、最終的に大気圏に再突入し、流れ星となって燃え尽きます。すでに日本では40名の申し込みがあり、宇宙に対する憧れの深さ、宇宙葬の潜在的ニーズもますます高まっていると実感しています」

 また、同社では月着陸船に遺灰を乗せる「月面供養」(120万円)も予定。『銀河鉄道999』でお馴染みの漫画家、松本零士氏も生前葬として参加。髪の毛を送るという。

 これら故人や遺族の希望に合わせた散骨葬法は、決まった形式や法規定がないだけに賛否両論もあろう。だが、2030年には現在より2割以上多い160万人の年間死亡数が推計(国立社会保障・人口問題研究所)される中、生前に自分らしい「おくられかた」を考えておくことは必要だ。