11月に控えた米大統領を前に、ヒラリー、トランプ両陣営の情報戦が激化しているようです。そんな中で飛び出した、CIAのモレル元副長官の「トランプ氏は無自覚なロシア諜報員」という発言。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんはこの爆弾発言を取り上げ、トランプ氏とロシアのプーチン大統領との関係性について分析しています。

トランプは、ロシアの諜報員?(元CIA副長官の発言)

世界最大の「リアリティー・ショー」といえば、アメリカ大統領選挙。民主党ヒラリーさんと共和党トランプさんの戦いになっています。アメリカのエリート層とメディアは、皆ヒラリーさん支持。熱心に「トランプ叩き」をしています。最近は、「トランプがプーチンと協力する意向を示していること」が非難の対象になっています。

トランプはロシアの諜報員?

CIAの元副長官モレルさんは、最近こんな爆弾発言をしました。

「トランプ氏は無自覚なロシア諜報員」 元CIA副長官

朝日新聞デジタル8月6日(土)18時1分配信

 

「トランプ氏は無自覚なロシア政府の諜報(ちょうほう)員だ」──。

 

米中央情報局(CIA)のモレル元副長官は5日付の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、共和党の大統領候補となったトランプ氏を強烈に批判した。「大統領に不適格なだけでなく、国の安全保障を危険にさらす」とも警告した。

「え〜〜〜!? トランプさんて、ロシアの諜報員なの???」

しかも、語っているのが、CIAの元副長官。

「信ぴょう性あるに違いないぜ〜〜〜」

しかし、「無自覚な」という言葉が重要です。何でしょう?

旧ソ連の国家保安委員会(KGB)出身のロシアのプーチン大統領について「個人の弱点を特定、利用するよう訓練された諜報員だ」とし、プーチン氏を持ち上げる発言をしてきたトランプ氏を「プーチン氏の計算通りに反応している」と指摘した。

(同上)

ほほお〜。要するに、トランプさんは、直接的にロシアの諜報員ではないが、プーチンによって「遠隔操作」され、「プーチンの意志どおり」に動いていると。だから、トランプさん本人は気づかずに(無自覚で)「ロシアの諜報員のようになっている」という意味。

これ、どうなんでしょうか?

トランプさんがプーチンの言動を容認したのは、2015年9月ロシアが「シリア空爆」を開始した件についてです。トランプさんは、こんな発言をしました。

「ロシアはアメリカに敬意を払っていないが、もしイスラム国を攻撃したいのならロシアに好きにさせればいい。イスラム国を排除させるのだ。我々もイスラム国を排除したいのだから気にすることなどない」

なぜ、こういう発言になるのか?

トランプさんは、経営者らしく、「なんでも金に換算して考える癖」があるようなのです。たとえば、

日本にもっと金を払わせろ!NATO加盟国にもっと金を払わせろ!韓国にもっと金を払わせろ!

非常にシンプルでわかりやすい。こういう観点からみると、プーチンが「無料でISをつぶしてくれる」のは、「アメリカの出費が減ること」なので歓迎される。

オバマさんやヒラリーさんなら、「そうすると、反欧米のアサド政権が生き残るし、中東におけるロシアの影響力が強くなりすぎる」などと考える。こういう複雑な思考、トランプさんはしないのですね(そして、アメリカの大衆もしない)。

「儲かるのか? 儲からないのか?」

直接的で、単純で、わかりやすいです。

トランプさんは、「プーチンに遠隔操作されている」のでしょうか? そんなことはないでしょう。もしトランプさんが、プーチンの意向に沿っているのなら、逆にプーチンを猛烈に批判するはずです。そして大統領になってから、なんやかんやと親ロに転換する。

たとえばヒラリーさんの夫ビル・クリントンさんは、ブッシュパパとの選挙戦で、「ブッシュは、中国を甘やかしすぎだ!」と繰り返し批判していました。そして、中国批判も繰り返していた。しかし、大統領になると一変、米中蜜月時代を築きあげた。

※ クリントン夫妻は、中国から長年金を受け取っていたことで知られる親中派。詳細はこちら。

→ヒラリーと中国の「黒い関係」に日本は警戒が必要だ

トランプさんは、プーチンを褒めることで、「当選する可能性を減らしている」のですから、むしろ「プーチンの意向と反対に動いている」といえます。では、CIA元副長官の発言は、なんなのでしょうか?

一方で、ホワイトハウス地下にある危機管理室で、国務長官だった民主党のクリントン氏の判断・決断力を見てきたとし、「きちょうめんで思慮深く、探究心が強く、説得力のある議論には柔軟に意見を考え直す」と分析。大統領にふさわしいと称賛した。

(同上)

結局、こういう話ですね。

トランプは、プーチンに操られている危険な男。ヒラリーは、すばらしい。大統領にふさわしい。

トランプ選対本部長、ウクライナ親ロ派から金をもらう?

次もニューヨーク・タイムズが元。

トランプ氏の選対本部長、親ロ派から巨額資金か 米紙

朝日新聞デジタル8月17日(水)4時28分配信

 

米大統領選の共和党候補トランプ氏のポール・マナフォート選対本部長が、親ロシア派のウクライナ前政権側から巨額の現金を受け取っていた可能性があると、15日付の米ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。マナフォート氏は受け取りを否定している。

皆さん、覚えておられますか? 2014年2月、ウクライナでクーデターが起こった。そして、親ロシア派のヤヌコビッチ大統領が失脚し、ロシアに亡命した。2014年3月、プーチンは、クリミアを併合し、世界を仰天させた。その親ロ・ヤヌコビッチ大統領の政党が、トランプさんの選対本部長に金を払っていた。なぜ?

報道によると、親欧米路線のウクライナ政府が設けた汚職対策機関が、2014年の政変で失脚した親ロ派のヤヌコビッチ前大統領の出身政党のものとされる「帳簿」を入手。その中にマナフォート氏の名前が22カ所あり、07〜12年の間に計1,270万ドル(約12億8,000万円)の支払いを示す記述があったという。

 

マナフォート氏は当時同政党のコンサルタントを務めていたが、実際に現金を受け取ったかは不明という。

(同上)

マナフォートさんご本人は、この件について。

報道を受け、マナフォート氏は「私が現金を受け取ったという示唆は事実無根だ」との声明を出した。ウクライナやロシアの政府のために働いたこともない、とも主張している。

(同上)

この件、出てきたばかりですので、事実なのか、事実でないのか断言できません。しかし、「出てきた時期」を見れば、「事実である」「事実でない」に関わらず、「反トランプ情報戦の一環」と考えるのが自然でしょう。

どっちが勝っても大変な日本

アメリカ大統領選の現状を見てきました。

「日本がもっと金を出さないのなら、在日米軍を撤退させる!」

「日本が核をもつのを認める!」

「朝鮮戦争には介入しない! 日本と韓国は、『グッドラック!』だ!」

のトランプさん。中国から長年金を受け取ってきたヒラリーさん。どっちがなっても頼りないですね。

ちなみに昨日、「中国船の大群は去ったが、また戻ってくる」という話をしました。

● 嵐の前の静けさ。なぜ中国は、尖閣での挑発をやめたのか?

早速戻ってきたようです。

外務省が中国側に抗議「わが国主権の侵害であり、断固として認められない」 中国公船領海侵入で

産経新聞8月17日(水)13時3分配信

 

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は17日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に中国公船4隻が侵入した情勢を受け、中国大使館の郭燕公使に対し「中国公船による尖閣諸島周辺の領海への侵入はわが国主権の侵害であり、断固として認められない。累次の抗議にも関わらず、中国側が現場の緊張をさらに高める一方的な行動を継続していることは全く受け入れらない」と強く抗議し、領海や接続水域からの即時退去を求めた。

戦後最大の危機なのに、頼りにならない同盟国アメリカ。しかし、私たちはこれを、逆に「自立の機会」ととらえ、「自分の頭で考え判断すること」を始めましょう。「自立は、心の中から始まる」です。

image by: Flickr

 

『ロシア政治経済ジャーナル』

著者/北野幸伯

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!