21日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の技術者が制作した倒れずに立ったまま止まるこまについて紹介する動画記事を掲載した。これに対し中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月21日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の技術者が制作した倒れずに立ったまま止まるこまについて紹介する動画記事を掲載した。

動画の中では、回り始めた金属製のこまが、回転が遅くなってきてもぶれることなく、最後は立ったまま止まる様子が写っている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これぞ匠(たくみ)の精神だな」
「日本が科学技術大国であることは認めざるを得ない」
「日本の製造技術は優れている上に更に磨きをかけている」

「日本と欧米の工業技術が中国より進んでいるのは事実」
「日本の技術は全人類に貢献している」
「日本の製造は中国より30年は進んでいる。でも悲しいことにわれわれはそれを認めようとしない」

「これは中国人には作り出せないものだ。中国人は大体同じならそれで良しとするから」
「日本は一つの物を作るのに1時間かけるが、我々は数分で作るという違いだけだ」

「こんなもの浙江省でも作れるさ!」
「中国人はお金を崇拝し、日本人は技術を崇拝する」
「日本のものが優れていることは認める。でも今は下り坂だ。追い越されるのも時間の問題」

「下に磁石がついているに違いない」
「こまの先がとがっていないだけだろ」
「でもこんなものは何の役にも立たない」(翻訳・編集/山中)