河南省洛陽市の「ガチョウを飼うおじいさん」こと王周松さん(71)の写真がネット上で大きな話題となっている。

写真拡大

河南省洛陽市の「ガチョウを飼うおじいさん」こと王周松さん(71)の写真がネット上で大きな話題となっている。大河網が伝えた。

【その他の写真】

写真に写った王さんはスタイリストのコーディネートによって、いろんな服を着ており、とてもオシャレだ。センスある服と王さんの男らしい表情に、多くのネットユーザーからは、「年を重ねた俳優の孫紅雷(スン・ホンレイ)みたいだ」という声が上がっている。

「なぜこのような写真を撮ろうと思ったのか」との質問に王さんは、「1カ月ほど前、ガチョウを世話している時に、若者数人が写真を撮ってくれた」と偶然がきっかけだったことを明かしたしかし、「ネット上の人気者にはなりたくない」とした。王さんは退職後にガチョウの世話を始め、今月14日に大河網の「焦点網談」の微信(Wechat)公式アカウントがその情報を転送したところ、ネットユーザーが「いいね!」を次々に寄せ、熱い論議を呼んだ。(提供/人民網日本語版・編集KN)