アイネットは22日、名刺管理クラウドサービス「名刺バンク」をセールスフォース・ドットコムが提供するSalesforce「Sales Cloud」に連携対応すると発表した。

 名刺バンクは、マルチデバイス対応のクラウド型名刺管理サービス。営業活動を効率化できるほか、高いセキュリティ管理で個人情報漏洩リスクを軽減する。今回の名刺バンクとSalesforceの連携によって、名刺バンクの名刺情報データをSales Cloudの「リード」、「取引先」、「取引先責任者」へ登録することが可能となる。

 名刺情報を簡単にデータ化できる名刺バンクを利用することにより、Sales Cloudへの顧客情報登録の手間を大きく削減でき、業務効率化が図れる。連携対応時期は8月下旬。