ドキドキをキャッチ。大切な人を身近に感じる不思議なリング

写真拡大 (全3枚)

離れて暮らす親子やパートナー。そんな人たちが大好きなあの人のハート・ビート(鼓動)をリアルタイムで感じることのできる「HB(ハート・ビート)リング」が話題です。
目を閉じれば、まるで隣にいるよう

HBリング $599.00ペア($299.50各)

遠く離れている今、あの人はどんな日々を過ごしているのだろう。どんな気持ちなんだろう。いつもどおりリラックスしている? それともこれから大事な会議があったりして、ドキドキと緊張感で焦ってはいないかな......。リングに触れるたび、そんな彼(彼女)の鼓動が赤い線となってピッ・ピッとリングを走りぬけます。それを見るたびに存在そのものを身近に感じることができる、そんな不思議なリング。それがHBリングと呼ばれ、薬指につけるのです。
なぜ薬指かというと、リングをつけるのは通常薬指で通称「愛情静脈」とも呼ばれているから。薬指から心臓に直結する静脈が出ていて愛情にも直結しているとも考えられているので、ドイツでは薬指ならぬHerzfinger(心臓指)と呼ばれます。目で見て、そして鼓動を感じるリング。スマホと連動することで、いま現在の大事な人の確かな鼓動を送信してくれるのです。
ハイセンス、ハイテク、ユニセックスデザイン

非常に洗練されたデザインの指輪。まあるくカットされ、曲線がとてもうつくしいこの指輪は非常につけごこち・触り心地のよいものです。色も深い黒一色のものと、ローズゴールドが黒に覆われたものと2種類用意されています。地上で2番目に硬いといわれるサファイアクリスタルを使用、傷に強く防水にも優れていることから、iPhone5以降の機種でカメラの保護レンズにも使われていることでも知られています。ブルートゥース搭載、14時間連続使用も可能。両方ともどんなファッションであってもその強い存在感を放ちます。
エンゲージリングのほか、結婚指輪あるいは大きなイベントの際のプレゼントとしてもすてきなアイディア。先行予約は8月31日まで現在受け付けられており、11月ごろから配送開始。日本からはネットを通じて予約・購入が可能だそうで、その人気によっては将来、日本での販売も可能となりそうです。
[the Touch]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。