だからやめられない。SNSの「いいね!」はセックスと同じ快感

写真拡大

だからSNSはやめられない!

InstagramとかFacebook、Twitterで「いいね!」がもらえたり、自分の投稿がシェアされたりすると、ついうれしくなります。

誰が「いいね!」してくれたのかチェックして、そのなかに憧れの人や気になる人がいるとドキドキ感もひとしおです。

「いいね!」はセックスと同じ快感をもたらす

そんなSNSでのワクワクドキドキ感は、脳の活動からも裏付けられているようです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームが発表した実験結果によると、SNSでたくさん「いいね!」が付いた画像を見ると、脳の中でセックスやお金やアイスクリームのことを考えるときと同じ部分が刺激されるとのこと。

13〜18歳の男女32人を対象に行われたこの実験。研究チームが実験用にInstagram風のサービスを作り、参加者に合計150枚近い写真を提供させ、それぞれの写真に「いいね!」を割り振りました。

実験参加者が脳をモニターされながらその写真を見たところ、「いいね!」が多い写真を見ているときは、脳の中の報酬や社会的認知に関わる部分の活動が大きくなっていたとのこと。

とくに自分が提供した写真にたくさんの「いいね!」が付いているとき、脳の活動はより強くなったんだそう。

この実験はティーンエージャー対象でしたが、結果はいくつになっても変わらないのでは。

脳にとって気持ち良いことである限り、SNSからはまだまだ離れられなさそうです。

[New York Times]

写真/Visual hunt