マリの世界遺産都市の破壊 イスラム過激派の戦闘員が「後悔」

ざっくり言うと

  • イスラム武装勢力の戦闘員が法定で、マリ国民に「許しを請いたい」と語った
  • 2012年に、マリにある世界遺産都市トンブクトゥの破壊を命じたという
  • 被告は「自分の行動が招いたすべての被害」を悔いていると語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング