TOKYO MXほかで放送中のアニメ「甘々と稲妻」の第8話『明日もおいしいイカと里芋の煮物』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「甘々と稲妻」の第8話『明日もおいしいイカと里芋の煮物』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第8話では、つむぎが参観日の工作でイカを制作。犬塚は参観日に、周囲の母親が幼稚園バッグを毎年作り変えていることを知り、新しいバッグにしようと提案するが…/(C)雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

本作は、一人娘と二人で暮らす高校教師・犬塚公平が、ふとしたきっかけで教え子の女子高生と3人でご飯を作って食べる食卓ドラマ。妻を亡くした犬塚は、一人娘のつむぎを育てながら家事をこなしてきた。ある日、母親が料理店を営む女子高生の飯田小鳥と出会った犬塚は、つむぎに手料理を食べさせるため一緒にご飯を作る。

【第8話『明日もおいしいイカと里芋の煮物』】

幼稚園の参観日の工作で、イカを作ったつむぎ。犬塚は、参観日に来ていた周りのママさんたちが、幼稚園バッグを毎年作り変えていることを知り、つむぎに新しいバッグにしようと提案するが、「ママのでいい…」と言われる。イカが好きなつむぎのために犬塚は、妻がよく作っていたイカと里芋の煮物をごはん会で作ることに決めるが、小鳥はつむぎが食べたい味と違ったらどうしようと不安になり…。

なお第8話は、TOKYO MXでは8月22日(月)深夜1時5分より放送。読売テレビでは、8月22日(月)深夜2時12分から通常より13分押しでの放送となっているので注意しよう!