■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

旅行の目的地としても注目を集めている香川県の離島・直島。その直島を含めた瀬戸内海の12の島で今年、3年の1度の芸術祭が開かれているのはご存知だろうか。「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度、瀬戸内海の12の島、2つの港を舞台に行われる芸術の祭典だ。2010年に始まったこの芸術祭は、今回が第3回目の開催となる。会期は春会期、夏会期、秋会期の計108日間となっており、常設作品などは会期外でも鑑賞することはできるが、会期内でしか鑑賞できない作品もあることから、できれば会期内に訪れたいところだ。特徴的なのは、作品の多くが立体的な作品や、触れられる作品であること(もちろん例外はある)。美術に馴染みの薄い人や、子どもでも一緒に楽しめるところがこの芸術祭が人気を集めている要因だと私は思っている。

さて、今回紹介するのはそんな「瀬戸内国際芸術祭」の舞台となっている島や港で購入することができるグッズたちだ。実際に私が「瀬戸内国際芸術祭」に出かけてきた中で、これだと思ったものを厳選して紹介していく。間もなく夏会期(9月4日まで)は終わるものの、秋会期(10月8日〜11月6日)も控えることもあってこれから訪れる人もいるだろう。是非、この記事を参考にしてもらえれば幸いだ。

◆公式ショップ(高松港、直島・宮浦港など)で手に入るグッズ

公式ロゴTシャツ(税込2500円)

公式ロゴTシャツ 公式ロゴTシャツ

何と言っても欠かせないのが公式ロゴTシャツだろう。舞台となる12の島と2つの港、それらを繋ぐ航路がデザインされている。こちらは各港、島で販売されており、スタッフの方も着ているので何度も目にすることになるだろう。カラーラインアップはブラック、ブルー、ホワイトの3色。普段使いを考えてブラック、ホワイトにしても良いし、旅の思い出としてスタッフの方が着ているブルーを選択しても良いだろう。ちなみにTシャツの背中面には大きく2016年を表す「016」の文字が入っている【写真2】。

パスポートケース(税込350円)

パスポートケース

こちらも「瀬戸内国際芸術祭」を回る上で必携とも言えるグッズだ。作品鑑賞パスポートの収納のほか、マップなどを入れるのにも役に立つグッズだ。本来は首に掛けるためのネックストラップがついているが、ストラップが汗を吸うのが嫌な私の場合はベルトに括り付けて腰から垂らして使用していた。本体にはやはり舞台となる島と港、航路が描かれている。なおポケットが2つ設けられており、よく取り出すものとそうでないものと、用途に合わせて使い分けることができる。

缶バッジ(税込350円)

缶バッジ

まるでマップの一部分を切り出したかのようなデザインが面白い缶バッジ。写真のものは豊島で購入したものなので豊島がデザインされているが、12の島と2つの港の計14種類販売されていて、公式ショップでは14種類セットでの販売も行われている。バッジの色はイエロー、オレンジ、レッド、ブルー。島によってバッジの色は決まっているようだ。

公式ロゴてぬぐい(税込800円)

公式ロゴてぬぐい 公式ロゴてぬぐい

舞台となる島と港、航路が描かれた手ぬぐいでこちらも公式グッズのひとつ。値段も手頃であるし、実用性もあることも相まってか、公式ショップに限らずどの島々でも見かけるグッズでもある。公式ロゴのデザインも気に入ってる私としては、額縁に入れてモニュメントにしようかと画策している。カラーラインアップはイエロー、レッド、ブルーの3種類。

公式ロゴクリアファイル(非売品)

公式ロゴクリアファイル

ミルキーホワイトの本体に公式ロゴの入ったこちらのクリアファイルは非売品のもの。女木島のインフォメーションセンターにて、アンケートに記入するとグッズがもらえる、との案内につられて記入したところ、いただいたのがこちらのクリアファイルだった。確かに他のショップでも販売されているところは見ていないし非売品の様子。アンケートの存在自体がひっそりとした様子だったので、その点ではこのクリアファイルを持っていること自体がレアなことかもしれない。

◆豊島美術館で手に入るグッズ

西沢立衛デザインクリアファイル(税込514円)

西沢立衛デザインクリアファイル

豊島を代表するスポットは何と言っても「豊島美術館」である。この美術館はアーティスト・内藤礼氏と建築家・西沢立衛氏によるものだが、収載されている作品は「母型」という作品ただひとつである。だが、それでも十分訪れる価値はあることを保証する。そんな作品「母型」のデザインをモチーフにしているのがこのクリアファイルである。知らない人が見ても何を表しているのか判らないに違いないが、だからと言ってセンスがないと否定することはできないデザインである。

オリジナル缶バッジ(税込514円)

オリジナル缶バッジ

こちらも作品「母型」をモチーフにした缶バッジである。白地に細い線で描かれた歪んだ図形。知る人が見ないと、やはりそこに意味は見いだせないかもしれない。だが、そもそも自慢やアピールするものでないのだから、出かけた人間だけが判っていれば十分、そう割り切ればいいだけの話だ。ところで、モチーフになっているのは作品の形だろうが、あえて線が細く描かれているのにも意味があると私は思っている。こればかりは実際に作品を見た印象を知らないと何とも言えないので、是非1度この美術館を訪れてもらいたい。

豊島美術館 製図用シャープペン(税込540円)

豊島美術館 製図用シャープペン

好みの問題として、私はあまり本体が白い文房具は使わないのだが、作品をモチーフにしていると考えれば納得せざるを得ない。作品「母型」に合わせて白地の本体にグレーの字で「豊島美術館」と入っている。ところで、あまり深く考えずに購入してしまったのだが、購入時にセットされているのは白い芯ということもあって、現時点では用途に考えあぐねいている。別途黒い芯を購入して差し替えるのが良いだろうか。

◆地中美術館で手に入るグッズ

地中美術館 2mmシャープペンシル(税込756円)

地中美術館 2mmシャープペンシル

「瀬戸内国際芸術祭」はこの島で始まったと言っても過言ではない香川県の離島・直島。とりわけ有名なスポットは「ベネッセミュージアム」であるが、近隣にある2つのスポット「地中美術館」、「リ・ウーファン美術館」も欠かせない。このシャープペンシルはそんな「地中美術館」のミュージアムショップでてに手に入るグッズだ。「地中美術館」はその名の通り、地上への開口部はあるものの建物本体が地中にある美術館。その本体はコンクリートで出てきており、このシャープペンシルの本体カラーもそれを意識していることが判る。なお、本体オリジナルの製品は三菱鉛筆『uni フィールド建築用2.0mm』という製品なので、リフィル購入の際は対応するものを購入すれば良いだろう。

李 ピンバッジ(税込1029円)

李 ピンバッジ

「リ・ウーファン美術館」はリ・ウーファン氏の作品のみを収載する美術館であり、2010年の開館以来、直島を代表するスポットのひとつになっている。私個人の感想としては、リ・ウーファン氏の作品というのは、どれも物事の表層を通り越した深層を形にしているようで、目の前にあるのに遠くのものを見ているような、そんな不思議な感覚に囚われる作品たちである。この美術館に収載されている作品のひとつ「Dialogue」。それをモチーフにしたのがこのピンバッジだ。実際の作品は白いキャンバスに余白を十分に残しつつ、色のつけられた部分があり、このピンバッジはちょうどのその色のついた部分をそのまま抜き出したデザインをしている。薄く雲のかかった青空の色、もしくは海の空に近い部分の色のような、非現実的な色合いがいたく気に入っている。今回購入したのはブルーだったが、他にもグリーン、レッドなどが販売されている。白いTシャツにこのピンバッジを着けると、より彼の作品に近づけそうだ。

■関連情報
http://setouchi-artfest.jp/
http://setouchi-artfest.jp/ticket-goods/official-goods.html

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪