メリハリある出費で楽しく貯金!「お金をかけるべきポイント」3つ

写真拡大

先行きが不透明な時代、将来に備えて節約しながら貯金に励んでいる働き女子が多いようです。

でも、節約・貯金ばかりでは少し味気ないですよね。

人生一度きり、“もしもの時”のためにも備えつつ、今この瞬間もしっかりと楽しみたいものです。そのためには、メリハリのある出費が大切。

そこで今回は、『BizLady』世代の働き女子がお金をかけるべきポイントを、過去記事や書籍を参考にお伝えします。

■自分の体を作っている食べ物への投資は惜しまない

先日筆者がふらりと入ったとあるカフェのマグカップに、「You are what you eat(あなた=あなたが食べたもの)」という英語のことわざがプリントされており、ハッとしました。

過去記事「これならデキそう!世界最強の投資家に学ぶ“自分への投資”テク3つ」でもお伝えしましたが、“最強の投資家”と呼ばれるウォーレン・バフェット氏も「一番大事な資産は自分自身である」と言っています。

自分への投資というと、勉強やファッションなど色々な方法がありますが、まず一番に思い浮かぶのが“食べ物”。

自分への投資としての食事は、何も高級料理である必要はありません(高級料理を食べた経験ももちろん自分の糧になるでしょうが)。健康のために、少々値段が高めでも新鮮で安全な食材を選んで食べることが大切です。

■旅行、コンサート、観劇……モノよりも経験に投資する

同じく過去記事「そうだったのか!“お金持ちなのに不幸な人”にならない秘訣が判明」ですでに説明している通り、お金をかけるなら“モノよりも経験”を優先してかけた方が、幸福度は上がるそうです。

素敵なバッグや靴を購入することももちろん大切ですが、旅行やレジャー、コンサート、観劇、外食などの経験に投資して楽しい思い出をたくさん作りましょう。

また、過去記事「科学的にも証明済み!“幸せな人がやっている”カンタン行動4つ」によると、コンサートや楽器の演奏、ダンス、美術館めぐりなどの文化的な活動を趣味にしている人は“幸福度が高く、不安や憂うつの水準は低い”そう。

アラサー以上の世代からは、若い頃に比べるとすっかり音楽を聴かなくなったという声がよく上がっています。

今現在ストレスに苦しめられている人は、上に挙げたような趣味を優先的に始めてみるとよいかもしれません。

■ファッションアイテムの中では、健康にも大きな影響を及ぼす“靴”を最重視

「素敵な靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる」という有名な言い伝えがあります。

素敵な靴とは、見た目がキレイでお洒落なだけでなく、履き心地もよい靴でなければなりません。

歩くたびに足に痛みが走るようでは、とても“素敵な場所”までたどり着けませんし、恋愛や仕事などのラッキーチャンスも逃してしまいそう。

シューフィッター養成認定機関である一般社団法人 足と靴と健康協議会のホームページによると、正しい靴選びのチェックポイントは以下のとおり。

<・つま先と靴の間に余裕はありますか?

・側面や上下から足が圧迫されていませんか?

・母趾と小趾の付け根の部分が靴にあたっていませんか?

・土踏まずは適度にフィットしていますか?

・くるぶしに靴が触れていませんか?または、履き口が浅く脱げやすくありませんか?

・自分の踵と、靴のカーブがあっていますか?>

中でも多くの女性が悩まされがちな“パンプス選び”については、

<パンプスのチェックポイントは、留め具も締め具もないカットの浅い靴ですので、靴の中で足がいかにしっかり止まるかの一点に絞られます。

静止のときと歩行のときの合い具合を判断するのが難しいタイプの靴ですから、経験豊富なシューフィッターに慎重にチェックしてもらってください。>

以上、働き女子がお金をかけるべきポイントをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

心と体の健康・安全への影響が大きい項目から順に投資していくとよいかもしれませんね。