原哲夫先生描き下ろしのケンシロウのような金本知憲監督

写真拡大

「あたたたたたた!お前はもう勝っている…」。

【写真を見る】8月13日(土)にはトラッキー・ラッキー・キー太が阪神タイガースショップの店長を務めていた

どこかおかしい。いや、おかしくない。

1980年代に漫画・アニメで一世を風靡した「北斗の拳」と阪神タイガースとのコラボレーションが決定した。8月26日(金)から、阪神百貨店8階の「阪神タイガースショップ」などで、Tシャツ、タオル、キーホルダー、缶バッチなど14種類が販売される。

コラボでは、作画の原哲夫先生が金本知憲監督をケンシロウ風のリアルなイラストとして描き、ケンシロウやラオウ、トキなど「北斗の拳」の主要キャラクターが、ユニフォームを着用した可愛らしいデザインとなって登場する。

公開された原先生の描き下ろしたケンシロウのような金本監督のイラストには、虎の肩当やベルトのバックルのTHマークと、こだわりがあふれている。同デザインのクリアファイル、Tシャツ、スマホスタンドなどのグッズが登場する他、売場では原先生と金本監督の直筆サイン入りポスターも展示される。

ケンシロウ風の金本監督グッズで、虎ファンがツボ(秘孔)を刺激されることは間違いなし。「北斗の拳」から猛虎魂を感じる。【ウォーカープラス編集部/コタニ】