2016年WEC(世界耐久選手権)第3戦ル・マン24時間レースを振り返る「ル・マン2016ドキュメントムービー」が、TOYOTA GAZOO Racingのオフィシャルサイト内「ル・マン 2016 特別ハイライトページ」で公開されています。

1

世界3大レースの1つであり、世界一過酷とも言われるル・マン24時間レース。

豪雨という荒れたコンディションでスタートしましたが、23時間以上が経過した時点で中嶋一貴選手がドライブするトヨタTS050ハイブリッド(5号車)がトップを走行! トヨタのル・マン初優勝を誰もが信じていた残り3分というところでマシンがホームストレート上でストップしてしまい、優勝を逃してしまうという衝撃の展開となってしまいました……。

ドキュメントムービーでは、残り3分で達成 することができなかった トヨタの悲願「ル・マンでの勝利」に対する想いとともに、ル・マン24時間レースのハイライトを振り返ることができます。

そうそう、映像はもちろんかっこいいのですが、ナレーションも素敵なんです! この声どこかで聞いた事があるなと思ったら、人気俳優の佐藤健さんがナレーションを担当していました。

あの時の言葉にできない思いが蘇ってきますが、トヨタがすでに来年のル・マン24時間レースへ進み始めていることが感じられる素晴らしい映像でしたよ。

またサイト内ではドキュメントムービーの他にも、中嶋一貴選手(トヨタ5号車)、小林可夢偉選手(トヨタ6号車)、レーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武 氏(モータースポーツユニット開発部長) の3名によるインタビューテキストも公開されています。

それぞれの視点で今年 のル・マン 24 時間レースを振り返り、「ル・マンでの勝利」や WEC を通じたクルマづくりにかける想いについて語っているので、こちらもお見逃しなく!

(yuri)

佐藤健のナレーションがかっこいい!TOYOTA GAZOO Racing「ル・マン2016ドキュメントムービー」を公開!!(http://clicccar.com/2016/08/22/393903/)