21日、中国が優勝を決めた20日(現地時間)のリオデジャネイロ五輪バレーボール女子の表彰式で、中国人男性が中国陝西省の漢中市を宣伝する横断幕を掲げる様子が中継映像に映し出され、中国国内で物議を醸している。

写真拡大

2016年8月21日、中国が優勝を決めた20日(現地時間)のリオデジャネイロ五輪バレーボール女子の表彰式で、中国人男性が中国陝西省の漢中市を宣伝する横断幕を掲げる様子が中継映像に映し出され、中国国内で物議を醸している。西部網が伝えた。

【その他の写真】

表彰式の中継映像では、中国選手が表彰台で金メダルを授与されて喜ぶその真後ろに、「両漢三国 真美漢中 Hanzhoung Han the three kingdoms is beautiful」と書かれた横断幕がはっきり映っていた。

西部網によると、この51歳の中国人男性は「数十億の人たちに故郷・漢中を知ってもらえて満足している」などと話している。だが中国のネット上では「五輪競技会場での広告活動は許されていないのではないか」「私も漢中人だ。故郷を愛する気持ちは理解できる。だが場所をわきまえるべきだ」など批判も多い。

騒動を受け、漢中市の体育当局は声明を出し、「当事者および漢中市の観客には、個人的な感情を適切に表現することを望む」としている。(翻訳・編集/柳川)