わが子がグレてしまったら…その時親が取ってはいけないNG対応3つ

写真拡大

イヤイヤ期、思春期、反抗期……子どもの成長過程には、親への強い反発がつきものです。

しかしその反発が、社会規範や道徳に反する行為であったり、法律に触れるようなことであれば、親として、しっかり向き合わなくてはなりません。

ですが、実際どうやって向き合っていいのか戸惑ってしまうということも多いと思います。

そこで今回は心理カウンセラーの玉川華世さんに、子どもが非行に走ったときに絶対に取ってはいけない親の対応を3つ教えて頂きました。

 

■NG1:全く共感せず全否定してしまう

まず大切なことは、「相手は自分とは違う考え方をもった個人であることを認識すること」だそうです。

「親子とはいえ、違う人間なのですから、考えや意見が異なることは当たり前のことです。そんなとき、親として子どもの感情や考え方をムリヤリ矯正するのではなく、子どもがどんな感じ方、考え方をしているのか、聞いてみましょう」

「私はこう思うけど、あなたはどう思うの?」「あなたはそう思うんだね。私は、こう思うよ」というように、子どもの話を聞いて共感を示すことが大切なのだそう。

このとき注意しなければならないのは、「“分かるわかる”って共感すればいいんでしょ」と話を聞く前からわかった気にならないようにすることだそうです。

「親からすれば、小さいころから見てきた我が子だからこそ、子どものことを誰よりも理解していると思いがちです。ですが、その“理解している子どもの姿”と“現実の子どもの姿”が違うからこそ、子どもは非行という極端な方法を使って“自分は違う!”と表現しています」

親としても「今までとは違うんだ」と、今までの子どもの姿は一度脇において、新しい目で子どもと向き合うようにしなければいけません。

 

■NG2:非行だけでなく内面も一緒に否定してしまう

わが子が非行に走ったという気持ちに驚いていると、ショックを受けてすべてをNOと言ってしまいたくなりますよね。ですが、玉川さんは

「行動には“NO!”気持ちには“All Yes”と伝えてみよう」

といいます。成長過程の一つと言われても、やはりまだまだ未熟さが残る子ども。自分の気持ちをうまく扱えず、非行と呼ばれるほど社会的にNGな行動をとることに対しては、やはり親として「NO!」を言わなければなりませんよね。

「そういうときは、“そんなこと(具体的な行動)をしてはいけない”“それ(具体的な行動)は、やってはいけないことだよ”と、本人の行動に対して“ダメだ”と伝えるようにしてみてください。

このとき気をつけて欲しいのは、“なんでそんなことするの!?”“何を考えているの!?”など、本人の内面(気持ちや考え)に関することに“NO!”を言わないようにすることです」

「むしゃくしゃしたから、モノを壊した」なら、「むしゃくしゃしてもいいけど、モノを壊すのはダメでしょ!」など、本人の内面には“Yes”を伝えてあげるのが重要なのだそうです。

私たち大人は、“よくない行動”は“よくない内面”から生まれると思いがちですが、思うだけなら、人はどんなことを思ってもいいんです。ただ、それを現実の行動で表すことが“NO”なのです。

ちょっと難しいかもしれませんが、チャレンジしてみましょう!

 

■NG3:どんな時でも無視だけはしない

何度“NO”を伝えても、なかなか子どもに親の思いは伝わらない。

そんなときは、ついつい「勝手にしなさい!」「施設に入れるよ!」とか「警察に捕まえてもらうからね!」など、自分には手に負えないと、子どもを見捨てたい気持ちが湧くこともあります。

「どうしても無理だと思った時は、親の役割を投げ出しても構いません。ただ、子どもの存在を無視したり、いないことにするのだけは、踏みとどまって下さい。

どんなときでも自分を見てくれる人がいるというのは、人間に成長や変化をもたらします。非行に走った子どもが更生するとき、そこには自分を信じて見守ってくれた他人の存在が必ずあります」

子どもの非行には、親が信じて見守り続けることが効果的ですが、それが難しいときは、視線を送ったり、おはようと挨拶をしたり、ただただ子どもの存在にだけ、意識を向けてみるだけでもいいのだそうです。

親も人間ですから、見ないふりをしてやり過ごしたくなる時もありますよね。ですが、いつでもあなたのことを見守っているというメッセージはいつか子どもに届くモノなのです。

 

いかがでしょうか? 反抗期の親への反発は、分かっていても胸が痛くなるのか親心です。

しかし、子どもの反抗や非行に向き合うのはもちろん大事なことですが、自分たちには荷が重いと感じたときには、一人や夫婦で悩まずに、遠慮なく第三者に助けを求めてくださいね。

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 玉川華世・・・家族や友達との関係で、多くの傷つき体験を持ちながら、その傷つきに気がつかず大人になり「なぜこんなにも私の人生はうまくいかないのか」と疑問を持ったことから、心理学と出会い、現在は心理カウンセラーとして活動中。以前は恋愛専門だったが、職場の人間関係をうまくまわすコツ、企業の心をつかむ転職活動のやり方、子供の心を豊かにする接し方など、最近は、幅広いテーマを扱っている。『男と女の成長心理学』

 

【関連記事】

※ 親の暴力は…絶対NG!わが子がいじめっ子に育ってしまう親の行動3つ

※ 「子育て貢献度」に夫婦で約3倍のズレが!夫婦円満に子育てする秘訣5つ

※ 「まいっか」が魔法のコトバ、子育てのストレスに潰されそうな時の対処法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

 

【姉妹サイト】

※ 第2回BizLady×日本女子経営大学院のキャリアアップセミナー募集開始

 

【画像】

※ Cheryl Casey / Shutterstock