21日、韓国への本格進出をスタートした女性タレントのエマ・ウーが、異国生活でのストレス発散法は買い物をしまくることだと語った。写真はエマ・ウー。

写真拡大

2016年8月21日、韓国への本格進出をスタートした女性タレントのエマ・ウー(呉映潔)が、異国生活でのストレス発散法は買い物をしまくることだと語った。網易が伝えた。

【その他の写真】

鬼鬼(グイグイ)の愛称で知られるエマ・ウーは、「台湾のモーニング娘。」ことアイドルグループ・黒Girlの出身。近年はソロ活動をしていたが、デビュー11年目、27歳を迎えた今年、韓国への本格進出をスタート。3月に大手事務所・CJエンターテイメントと所属契約を結んだ。過去には韓国のリアリティー番組「私たち結婚しました」国際版に出演し、男性グループ・2PMのテギョンと仮想夫婦になったことがある。

今春からは練習生として韓国に渡り、歌やダンスのトレーニングを受けている。このほど中国メディアのインタビューに答えたところでは、今年10月にアルバムをリリースし、正式デビューすることに。アルバムのコンセプトや中身は秘密だが、これまでキュートな美少女アイドルという印象が強かったエマ・ウーが、全く新しい顔を見せるものになるようだ。

韓国での生活でうれしいのは、「顔バレせずにショッピングができる」こと。また、長い海外生活でのストレス発散法は、やはりショッピングだという。街へ出てあらゆるものを買い、食器洗剤やふきんまで買い込むと明かしている。置く場所がないので買い物はしないようにと、マネジャーに叱られているという。(翻訳・編集/Mathilda)