流行の“こなれ太眉”講座!眉を変えて美人度UPを目指そう

写真拡大

顔の印象を左右する眉毛。細眉や困り眉など、その年のトレンドメイクが最も反映されていると言っても過言ではありません。ここ数年は、ずっと細いのが主流だった眉も、ナチュラルメイクやハーフ顔が流行し、太めの眉にシフト。モデルの中村アンさんや女優の綾瀬はるかさんなど、太眉メイクを実践する芸能人も多く、ブームが続いています。

­

中でも、今年春からののトレンドは“こなれ太眉”。今回は、誰でも流行フェイスになれる太眉について紹介していきます。
山あり、細眉では恥ずかしい!今流行の太眉とは?
ただ太いだけではなく、洗練された印象を与えるこなれ太眉を作るポイントは、“太く、短く、平行”の3つを意識することです。また、カラーにもトレンドがあり、今までは自分の髪色に合わせているという方が多いかと思います。

­

ただ、今年の眉は、ハーフっぽいこなれ感をより出してくれる、カーキや薄いグレーなどのアースカラーが人気です。カラーを変えると、ぐっと今年らしさが出ますよ。
“こなれ太眉”の描き方レクチャー
それでは、トレンドの“こなれ太眉”の描き方を順番に紹介していきましょう。

­

1:バランスを整える

眉の頭の部分の太さを3とした時、眉の中間を3、眉山を2、眉尻を1のバランスで整えていきます。ただ平行にするのではなく、ほんの少し立体感を出すのがポイント。ただし、眉山は作りすぎないでくださいね!

­

2:とかす

スクリューブラシ(マスカラのような形の眉毛ブラシ)を使用し、眉毛の毛流れと逆方向にとかします。とかすことで、自然な仕上がりになりますよ。

­

3:パウダーをのせる

アイブローパウダーもしくはアイシャドーをブラシにのせ、目尻から目頭にかけて少しずつ色をのせていきます。のせすぎると野暮ったい印象になってしまいますので、ふんわりと軽めにつけましょう。

­

4:ペンシルで眉尻を描き足す

くっきり描くと一気にトレンド感がなくなるので、ペンシルはあくまで足りないところを補う程度に留めてくださいね。最後にもう一度、ブラシでぼかして出来上がりです!
流行の太眉に合うメイクとは?
せっかく眉毛が決まっても、他パーツのメイクが合っていないとトレンドの“こなれ太眉”が台無しに。流行の太眉に合うメイクも見ていきましょう。

­

1:アイシャドー編

今おすすめは“パステルカラーシャドー”。普段のブラウンやグレーに少し足したり、流行のピンクやイエローなど明るめカラーを使用すると、一気にトレンドフェイスになりますよ。

­

2:マスカラ編

今年のトレンドはピンクのカラーマスカラ。全面ピンクに抵抗がある方は目尻だけでもいつもと違った印象になります。アイシャドーのカラーと合わせるなどすれば、パッチリお人用のような目に見えますよ。

­

3:リップ編

今年の注目はなんといっても青みがかったピンク。一見派手に見えるこの色ですが、唇にのせるとナチュラルで健康的に。先にリップクリームを塗るとつやつや感もキープでき、“こなれ太眉”をより一層引き立ててくれます。

­

主婦になっても、いつでもオシャレしたいですよね。少し、メイクを変えてみたり、流行を取り入れるだけで、気持ちも華やかに、生活もぐっと盛り上がります。いつもと違うメイクで、ご主人もキュンとしてしまうかもしれません!お試しください。

­

<筆者プロフィール>

美容ライター/コスメコンシェルジュ

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。

­