宇宙飛行士のように「食べられる液体」のレシピ

写真拡大

宇宙飛行士が空中に浮かぶ水滴を食べるのは、おなじみの光景だ。だがたとえ宇宙に行かなくとも、化学の力を借りれば地球にいながら滴状のジュースを食べることができる。

「宇宙飛行士のように「食べられる液体」のレシピ」の写真・リンク付きの記事はこちら

宇宙飛行士は、空中に浮かぶ水滴を飲み込むようにして水を飲む。あなたもチャンスがあれば、滴状の液体を「食べて」みたいと思わないだろうか?

滴状の液体を食べることは可能だ。しかも、化学の力を少し借りれば、そのために地球の快適な暮らしを手放す必要はない。

テーブルに液体をこぼしたとき、完全に平らに広がることはない。数え切れないほどの分子が集まった小さな山、つまり、水滴になるからだ。液体の分子が互いに引き合い、可能な限り多くの分子で集まろうとした結果、水滴がつくられる。外側の分子は中央に引き寄せられるため、分子が散らばることはない。

こうした性質を「表面張力」と呼ぶ。コインの表面に蛇口の水をゆっくり落とし、できるだけ大きな水滴をつくる遊びをしたことがあるだろうか。どれだけ慎重になっても、水滴は最終的に自らの重みで崩壊してしまう。水分子たちはお互いに引き合っているだけなので、水滴が大きくなると、ある時点で重力に負けてしまうのだ。

だからこそ、表面張力で遊ぶには宇宙に行くのが手っ取り早い。軌道上では重力が働かないため、水滴はシャボン玉のように膨らみ、どこまでも大きくなる。

ただし、そうした宇宙の水滴さえも、理想的とは言い難い。別の水滴にぶつかると、2つの水滴が合体してしまうからだ。ほかの水滴と合体しない水滴が地球上にあれば、これほど素晴らしいことはないだろう。

これを実現するには、水滴の表面張力を増強し、安定化させるための層でコーティングすればいい。冒頭の動画では、「リヴァース球体化」(reverse spherification)と呼ばれるプロセスが実演されている。乳酸グルコン酸カルシウムを使ったこの方法を用いれば、宇宙飛行士のように液体を食べることができる。

詳しいレシピを知りたい人や、リヴァース球体化という名前の由来を知りたい人は、(『WIRED』US版とともに動画を制作した)「ChefSteps」のウェブサイトを見てほしい。

RELATED