夫が誕生日を祝ってくれない!

写真拡大

夫婦ケンカは犬も食わぬとはよく言ったもので、夫婦で生活していてよく問題になるのは記念日について。夫が結婚記念日や妻の誕生日を忘れていた、なんてことは夫婦ケンカの一大原因だ。「教えて!goo」にも「旦那が誕生日を祝ってくれない。結婚2年目」という質問があった。

質問者さんは、夫から誕生日には外食しよう言われていた。しかし当日、ご主人は外食しようと言ったことも、その日が質問者さんの誕生日であることも忘れていたのだ。翌朝、そのことで質問者さんが不機嫌でいると、夫は、自分は小さな頃から誕生日を祝われたことがないので誰かの誕生日を祝うという習慣がない、と言い出したのだという。
「旦那はバレンタインやクリスマス等、何かプレゼントすると、何もいらないからお金を貯めとけよ。と良く言います。(中略)…なんだか寂しいな〜。と思ってしまうのはワガママでしょうか」とのこと。どのような回答が寄せられたのだろうか。

■価値観の違いと向き合うために

回答の多くは質問者さんが自分の価値観を変えたほうがいいというもの。

「ある程度相手に合わせたり、折衷案を採用したりすべきなんでしょうけれど、旦那様にはそういう意識もないみたいですね。悪気はないので、受け入れてあげてくださいよ」(drempさん)

また、質問者さんが自分の誕生日ばかり気にしすぎて夫のことを考えていないとする意見も。

「自分の誕生日を祝って貰えなかったと責めてる割に『外食は疲れるから出前にする?』と発言した旦那さんの体調は心配しないのですね。(中略)…忘れる(考えられない)くらい仕事キツイのかな?という発想が互いの思いやりかと思います」(q-typeさん)

ただ、誕生日は本人にとっては一大イベントと感じる人もいるだろう。忘れられたら悲しいことは間違いない。誕生日を祝ってもらうためにどんなことができるだろうか。

「誕生日に関しては、人にお祝いしてもらうだけじゃなくて、産んで育ててくれたお父さんお母さん、周囲の人に感謝する日でもあります。旦那さんのお誕生日にお姑さんに感謝の言葉を贈っては? そうこうしてるうちに旦那さんも誕生日についての考え方が変ってくると思います」(レモンタルトさん)

「私の旦那は付き合ってる時から私の誕生日を忘れ……結婚して最初私の誕生日も忘れ無理やり携帯のスケジュールに『私の誕生日』と書きアラームを仕掛けました」(sanninkazokuさん)

「お誕生日にはカレンダーに派手にマークをつけて忘れないようにアピールしてますよ。(中略)…御主人も外食の提案をしてくれたのですから、その気持ちを素直に喜び感謝して『じゃ私の好きな××のお店にして良い?? 予約いれておくね』って手配出来なかったでしょうか」(babaorangeさん)

夫婦とはいえなんでも以心伝心とはいかないもの。相手が察してくれるのを待つばかりでは自分のしてほしいことが分からない。相手に、どんなことをしてくれたら嬉しいのか、を言葉と態度でしっかり伝える必要があるのではないだろうか。

古田ラジオ(Furuta Radio)