目の前で起こる事件を解決せよ 観客参加型ステージ「名探偵コナン×ライブミステリー 〜洋上の迷宮〜」開幕

写真拡大

舞台で起こる事件を推理して真相を解明していく観客参加型のミステリーステージ「名探偵コナン×ライブミステリー 〜洋上の迷宮(ラビリンス)〜」が開幕しました。『名探偵コナン』でおなじみの江戸川コナンも登場する本作の内容は、豪華客船で起きた謎の事件を、観客自身が探偵となって解決するというもの。リアルタイムで動いていく事件を、劇中で提示される情報や証拠品をもとに推理していく……登場人物の一挙一動に目が離せない、新感覚の舞台が始まります。

「コナン×推理×舞台の新感覚作品 」の写真・リンク付きの記事

▽ 名探偵コナン×ライブミステリー洋上の迷宮

「名探偵コナン×ライブミステリー 〜洋上の迷宮(ラビリンス)〜」は、目の前の舞台で起きた事件の謎を解明する、観客参加型のミステリーステージ。まずはストーリーの要となる第1幕の「事件編」で事件を目撃し、幕間の「捜査編」で推理をした後、第2幕の「解決編」で真相を明らかにしていくという3つの構成で展開していきます。

物語の舞台となるのは、豪華客船プリンセス・セリザベス号。船上で行われる「鈴本財閥 百周年記念パーティ」のために出航した同船に、突然「令嬢をいただく」という差出人不明のメッセージが届きます。謎の人物が狙いを定めたのは、鈴本家の娘で大学生の鈴本すみれ。すみれは大学の同級生でエンターテインメント研究会のメンバーでもある友人たちと一緒に乗船しており、その友人もファッションモデル、アメリカの大学院留学を目指す理系男子、すみれと小学生のころからの幼なじみと、さまざまな背景を持つ人物がそろっています。

葉上良一役・平野 良さん

そして、物語の中心に立って事件を解き明かしていくのが、俳優・平野 良さんの演じる船上クルー・葉上良一。学生時代に「大学生探偵」と呼ばれていたという噂(うわさ)があるものの、その真意は分かっていないそうです。

謎のメッセージが届いたものの、警備対策のされた船に怪しい人物が乗り込んでいるはずもないと、予定通り進められるパーティ。しかしそんなパーティの最中、突如として殺人事件が発生してしまいます。恐怖と不安に包まれた逃げ道のない豪華客船……犯人は一体誰なのか。観客は入手した情報や証拠品をもとに、限られた時間の中で事件に潜む謎を解き明かしていきます。

演出を担当するのは、舞台「ママと僕たち」「私のホストちゃん」シリーズなどを手掛ける、劇団「拙者ムニエル」主宰の村上大樹さん。東京公演の初日前に行われた囲み取材では、公演について「お客さんが主役のコナンとなって事件を解くという、普通のお芝居にはない経験ができる舞台。役者は普通の舞台とは違い、お客さんが謎解きをするに当たって必要な情報を言わなかったり、せりふを言い間違えたりは許されません。ただならぬ緊張感です」とコメント。役者にとっても気の引き締まる内容になっていることを明かし、平野さんも「間違えちゃいけないという緊張感がある」とこぼしていました。

また、平野さんは「ただお芝居をやればいいというのではなく、僕たち全員が内容を理解してお客さんに届けなければいけない。そこは全員で戦えたのではないかなと思います」と稽古場で作り上げた内容について自信をのぞかせます。説明せりふも多く、1つでも情報を出す順序を間違えてしまえば、それすら観客の推理に影響を与えかねない緊張感。多数のドラマや映画に出演するベテランの三上市朗さんは、「舞台という“生もの”はハプニングがつきもの。そこはチームワークでしっかりと物語を見せつつ、ミステリーを楽しんでいただきたい」と若手たちを鼓舞していました。

あまりにも演じすぎるとヒントになりすぎるのではないか、この言葉は言うべきかどうかなど、稽古の段階からさじ加減が難しかったと語る村上さん。しかし観客自身がコナンとして作品に参加するという意味では「映画で観るのとはまた違った体験ができるし、このミステリーステージならでは」だと、従来のコナンファンでも楽しめる内容になっていることを約束します。

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

事件編と解決編の間に設けられた約30分間の捜査編では、解答用紙の設問に沿って推理した内容を観客自身が記入していきます。解答用紙は大人向けと子供向けの2種類が用意されているので、親子で楽しめるというのも特徴の1つ。全問正解した人や名推理をした人には、公演サイトに名前が載り表彰されるという“名誉”が与えられます。

(後列左から)浜本ゆたかさん、中道裕子さん、三上市朗さん、江戸川コナン
(前列左から)宮城紘大さん、平野 良さん、塩野瑛久さん、加藤里保菜さん

コナンを知っている人なら思わず反応してしまう単語も散りばめられているので、従来のファンにとってはそうした“遊び要素”を見つけてみるのも楽しみの1つかもしれません。東京公演は好評のうちに8月21日をもって終演。今後は、9月に札幌と大阪で地方公演を迎えます。詳細は公演サイトをどうぞ。

名探偵コナン×ライブミステリー 〜洋上の迷宮(ラビリンス)〜

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

<公演概要>
  • 東京公演:紀伊國屋サザンシアター
    • 2016年8月10日(水)〜8月21日(日)
  • 札幌公演:道新ホール
    • 2016年9月16日(金)〜9月17日(土)
  • 大阪公演:松下IMPホール
    • 2016年9月22日(木・祝)〜9月25日(日)
<キャスト>

平野 良
塩野瑛久
宮城紘大
加藤里保菜
浜本ゆたか
中道裕子
三上市朗

<スタッフ>

ライブミステリー原案:E-Pin企画
演出:村上大樹
脚本:佐野バビ市
ミステリープラン:城島和加乃・かとうだい
協力:少年サンデー編集部
企画制作:「名探偵コナン」ライブミステリー製作委員会
Twitter:@conan_livemys