ロボットアニメの金字塔のひとつに挙げられる「ガンダム」シリーズ。

 ガンダムといえばプラモデルとしても人気だが、現在Twitter上では、あるもので再現した作品が反響を呼んでいる。

 プラモデルに見えるが、使われているのはレゴ。記念すべきアニメ第1弾の「機動戦士ガンダム」で、主人公のアムロ・レイが搭乗する「RX-78-2」を再現した力作だ。

 レゴのパーツのみを使うという制限があるため、完全な再現ではないが、細部にこだわった素晴らしい仕上がりではないだろうか。

 その完成度の高さに、Twitterユーザーからは称賛の声が寄せられている。

 投稿者によると、現在レゴには1000種類を超えるパーツがあるので、このような表現も可能だという。

 しかしながら、投稿者が持つパーツの知識や組み立てる技術があるからこそ、できた作品と言えるだろう。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら