画像

写真拡大

 WACULは、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、twitterなどでの自社サービスの口コミ拡散を自動検知する新機能を追加した。

 WACUL(ワカル)は、8月22日、同社が提供するWebサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、twitterやブログ、ニュースサイトなどで、自社サービスと関連するキーワードやURLが掲載された場合に、人工知能が自動で報告する新機能を追加した。

 「AIアナリスト」とは、自動でWebサイトのデータを分析し、わかりやすい言葉で改善提案まで届けてくれるサービス。今回の機能を活用することで、「サービスに関して、どのような口コミがあるか」「プレスリリースがどれほど拡散したか」を人間が集計する手間なく把握できる。また、他媒体に掲載された結果、自社サイトの実績にどう影響したか紐づけできるので、日々の効果検証も容易になる。

MarkeZine編集部[著]