「生きてるだけでヤセる!」ってどーゆーこと? 健康雑誌「からだにいいこと」の特集タイトルがやばい

写真拡大

ヤセたい気持ちはあっても、運動や食事制限をしてダイエットを続けるのはなかなか難しいもの。「誰かラク〜に体重を減らす方法教えて〜」と思っていたら、とんでもない特集タイトルを組んでいる雑誌を発見。なんと、ただ「生きてるだけで」ヤセられてしまうようなのです!! い、一体どういうことなのかしら??

【生きているだけでヤセてしまって大丈夫なのか?】

“生きてるだけでヤセる!「内臓活性ダイエット」”という少々アグレッシブな題名の特集を掲載しているのは、健康情報を提供する月刊誌「からだにいいこと」の2016年10月号。

勝手にどんどん痩せていくなんて、もしかして不治の病とかなんじゃ……。などという記者の心配をよそに、表紙を飾る女性はすこぶる健やかそうです。

【秘訣は「内臓力を高めること」でした】

気になってページをめくると、そこには、内臓のコンディションを整える方法が何ページにもわたり、丁寧に記載されていました。なんでも、内臓がいい状態にあると、脂肪が燃焼されやすくなり、無理な運動やダイエットをしなくても自然と体重が落ちていくのだとか。生きてるだけでヤセるって、そういうことだったんですね! 納得。

ちなみに9月号では「寝ている間にヤセる」方法の特集が組まれていたこの雑誌。寝ている間に痩せていたのが、生きているだけでも痩せられるようになり、この先は一体どうなるってしまうのか……? 来月号の企画が心底楽しみです。

参照元:祥伝社「からだにいいこと」10月号
参考リンク:からだにいいこと 公式サイト
執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る